2014年07月21日

天気が良いので南山へ

今日は青空が見えているという良い天気。
ちょっと暑いけど、南山に行って街の写真を撮ろうと
思い立ち、カメラを持って車で出掛けました。

南山というのは、重慶の南に位置する小高い山々で、
中心街を一望できるスポットで「重慶の夜景」の写真は
ほぼここから撮影されていると思います。

二週間ほど前に福岡の視察団の方と一緒にここに来たとき
入場料に愕然としました。何と、30元!(500円程)
以前は5元か10元だったと思うのですが、瞬く間に値上がりです。

南山展望台チケット

前回はチケット売り場の20元を手書きで30元に書き換えて
いましたが、今回は綺麗に書き変わっていました。

公園の中に入って暫く撮影した後、あまりに暑いので暫く
時間つぶしに車の中で休憩しようと、チケットを見せて
「また来るから」と守衛に伝えた所、「ダメだ、再度購入!」と
言われてしまい、せっせと交渉しましたが、ダメでした。

入り口の注意書きを読むと、一旦出たら、また購入と最初に
書かれていました。まあ、普通、そうだよなぁと出るのを
諦めました。

展望台案内板

既に16時を回っていましたが、重慶の16時(日本時間17時)は、
日本の14時位かもしれません。お日様はほぼ真上。展望台なので
立木がポツポツとある程度。木陰で休みつつ、重慶の特徴的な
長江と嘉陵江に夾まれた解放碑のあたりをパチリパチリ。
天気はとても良いのですが、あまりの暑さで、空気ももやもやして
画像も不鮮明です。

↓解放碑正面
解放碑正面

解放碑で、割と新しいビルが4,5階分ほどの目立つ文字「WFC」と
書かれた世界金融センタービルです。地上72階、地下6階、339mで
今、西部地区で最も高いビルとのこと。

解放碑拡大

解放碑の右側には最近開通した「東水門大橋」が見えます。

長江下流側

解放碑の左側のキンキラに輝くのはシェラトンホテルです。
今日はあまりの暑さで金色が溶けそうです。

長江上流側

中途半端な時間に来たことを後悔しましたが後の祭り。
暑すぎて昼間の写真も今ひとつ、夜景までにはまだ3時間以上。

しかし、カメラを持った人達が少しずつ来ています。
展望台の一番良い場所に、三脚を立て、準備しています。
本人達は木陰で休みつつ、三脚の上のカメラは暑そう。

場所取り?

夜景の場所取りかなと思いつつ、カメラに近寄ると
20秒に1回程度自動でシャッターが切れていました。

昼間の時々刻々と変わりゆく解放碑の写真を、何と
毎分3枚ほど撮影していたのです。私はちょっと
迷いつつも三脚は持参しませんでしたが、このカメラ小僧
達の気合いには到底勝てないわなぁと、そそくさと
逃げ帰る事にしました。

あのまだ日の高い時間帯で、10名程度のカメラ小僧達が来て
いましたが、夜景の時間帯が近づくとかなりの人出になる
でしょう。

彼らの愛機は、Nikon4台、CANON3台、Sony1台、
Pentax1台と全て日本製で、ちょっと嬉しくなりました。

さて、せっかくここまで来たので、植物園の方に行ってみようと
車を山頂の方へ走らせました。暫く進むと、やたらと路上で
水着が売っています。

海は無いのに水着?

実はこの付近に「加勒比海水世界」という広大なプールや
水を使ったテーマパークがあります。そこに行く人達向け
でしょうが、男物はちっとも目立たず地味ですが、女性用は
やたらと派手で目立ちます。こういう売り場が沿線にズラリ
と並んでいる様は壮観でした。

さらに山頂に進むと、どうも途中で道を間違えたようで
そのうち下り坂になり、通った記憶がありません。
まあ、そのうち、どこから着くだろうと、一本道をひたすら
進みました。

ちょっと開けた所に「铜锣峡第一荘」という建物が
あったので、道を聞いてみようと車を止めました。

道を間違えて飛び込んだ「铜锣峡第一庄」

地図を持って、店の人に聞いたところ、三人ほど集まり、
ここでもない、あそこでもないが始まりました。
どうもこちらの人達は地図を見るのが苦手、というか
あまり見た経験が無いようです。レストランもやって
いるようなので、ラチもあきそうにないので、夕食を
食べることにしました。

テラス側に行ってみると、道からは見えなかったのですが、
そこには広大な長江が広がっていました。

長江(右は広陽島長江大橋)

そこを見ながら、地図と見比べ、店の人に聞くと、右手の
橋は「広陽島長江大橋」だと言うので、ほぼ現在地が
分かりました。

長江(向かいは渝北区)

「铜锣峡第一庄」のテラス席

テラス席は「铜锣峡第一荘」という名前からは想像しがたい
なかなか洒落た雰囲気でした。ここで、食事をしたいと
言うと、直ぐに席を作ってくれました。

長江を眺めつつ夕食

ゆったり流れる長江を眺めつつ、のんびりと夕食。
なかなかいい雰囲気です。ビールを飲めるともっといい
のですが、今日は車の運転なので我慢です。

もう直ぐ、19時。でも空はまだこんなに明るく、良い天気。

それにしても良い天気!

食事が終わり、車に乗り込もうとすると、アヒル達が
騒いでいます。敷地の外の山で飼っているようで、
この店の食材になるのでしょう。

「铜锣峡第一庄」の地アヒル

長江に沿って上流に進むと、途中は随分河幅が狭くなって
いました。工場地帯のようで、船着き場も至る所にありました。

工業地帯

ようやく帰り着き、車を駐車場に止めて、外に出ると
重慶の暑い夏の20時頃。至る所に屋台や屋外席があり、
お年寄りから子供まで、ワイワイと賑わっています。

屋台1

夜ビール

歩行街では、いつものダンス風景。いくつもの団体が
それぞれの流儀で踊っています。

元気バリバリ1

元気バリバリ2

いやはや、暑い夏でも、元気いっぱい。
この人達の元気を見ていると、私も元気が出てきます。





posted by ぼうらん at 02:24| Comment(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。