2014年08月22日

孤高の猫達

もういい加減に我慢しきれずに食べただろうと、楽しみにしながら会社を退社。途中、何と自宅マンションビル1階にコンビニがオープンしていました。

01_マンション1Fにコンビニ開店.jpg

「優客家 No.9140」と書いてあります。重慶の会社がやっているチェーン店のようです。まさか9140軒目ということはないと思い、後で調べてみましたが店舗数は不明でした。

ちょっと覗いてみると、狭い店舗ながら、飲み物、お菓子類、インスタントラーメン、化粧品、シャンプー、小物などそこそこ揃っていました。ローソンかセブンイレブンだともっといいのに、と贅沢は言えません。あると随分便利になります。

さて、帰宅してみると、あいやぁ〜、まだ食べていない。カルシウムを入れていない今まで食べていた猫餌も食べてないではありませんか! 水は飲んでいるようです。ゲージを開けながら「何だよ〜、もう2日も食べていないのに」と言っても、涼しい顔。

02_猫ケージ.jpg

子猫はさっさと飛び出しましたが、母猫は悠然たる態度。

03_出てこない.jpg

宮崎のカミさんに電話で事情を話すと、たまたま近所の動物に詳しい友人が来られていて、魚と肉を煮て、それにカルシウムの粉末を入れると食べますよ、と教えてくれました。

早々、家にあった加工肉にご飯を少々混ぜて、ぐつぐつ煮て、暫く冷まして、まずはカルシウム粉末を入れずにあげてみました。じ〜っと眺め、匂いを嗅ぎ、プイと餌から離れました。

暫くほっておこうと、とりあえず自分の食事を作って、夕食終了。猫達は食べる気配なし。特ニャーニャー騒ぐでも無し。「加工肉じゃダメなんだね。仕方無いねぇ」と近所のカルフールに肉と魚を買い出しに。

魚といっても川魚が多く、海の魚はほとんど冷凍です。何となく海の魚の方がいいかもと思い、サーモンを選択。肉は、豚肉の腿あたりと人だかりのしていたハンバーグにでも使いそうな肉を調達。

04_猫用肉と魚の買い出し.jpg

帰宅後、ぶつぶつ言いながら調理です。「だいたいお前達は贅沢だ!お父さん(猫達にはそう言っています)は、少々臭うなという物でも食べてしまう。たまに腹痛になるくらい。それに比べて、クンクン臭うだけで味見もせずに食べないというのは神経質すぎる!!」

猫達は私がいる所についてきますが、この時も台所の床でゴロゴロと寝そべっています。サーモンの皮はこんなにも剥げないのだと初めて知り、苦労しながら骨が残らないよう慎重にさばいているというのに、親の心、子不知です。

肉と魚だけですが、ぐつぐつと煮て、塩を少々いれ、味見をすると薄味ながらなかなか旨い!これなら食べるだろうと、まずはカルシウム粉末を混ぜずに食べさせてみました。今回はちょっと反応が違い、じっくり臭い倒した後、少しだけペロリと味見。それから、くるりと踵を返して餌から離れます。

「ここまできたらもう知らん!勝手に餓死すればいい!」と言い放ち、諦めました。もう、カルシウムどころではありません。我慢比べです。

それにしても、猫というのはこんなにも慎重でデリケートとは知りませんでした。ちょっと気になれば、少々お腹が空いていても決して食べません。決してがっつくことのない、孤高の猫達です。
posted by ぼうらん at 23:39| Comment(2) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大事な住人・・猫ちゃん達は食べ物食べたのですかね? 心配ですね!
Posted by 近間 at 2014年08月29日 11:59
こんにちは。

四日目の朝、起きてみたら食べていました。但し、カルシウムを入れていない今までの食べ物です。後で思い出したのですが、以前、食べ物を変えたときも何日も食べないことがありました。カルシウム入りのも3,4日すれば食べるのかもしれませんが、もう少ししてからそれを試してみます。

それにしても猫は慎重です。生き抜く本能でしょうが、丸三日も食べないなんてある意味、偉いもんです。
Posted by ぼうらん at 2014年08月29日 16:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。