2014年09月21日

萬象城、無事オープン?(2)

モールの中で、ちょっとした人だかり。ロールスロイスを展示していました。手前の「古思特」とは、ロールス・ロイスでも最もクラシックでシンプルな「ゴースト」です。新車だと3千万円ほどするようですが、買っていくお金持ちもいるのでしょう。

29_ロールスロイス.jpg

少し先に、更に多くの人だかり。スケートリンクでした。重慶にもスケートをする人達がいても不思議ではないのですが、降雪をほとんど見たことがなかったので、新鮮でした。

30_スケートリンク.jpg

ヨロヨロスケーター達の中に、一際目立つ少女がいました。リンク一杯使って華麗なフォームで滑っています。

31_一際目立つ少女.jpg

ユニクロも目立ってました。楊家坪のモノレールの駅と直結する百貨店に3,4年前に出店しましたが、徒歩15分圏内のここにも店をオープンしたようです。

32_UNIQLOも目立っている.jpg

それにしてもエスカレータをうまく配置し、綺麗な曲線美を作っています。

34_広大なモール.jpg

最後まで登り詰めると、屋上にタイ料理屋がありました。中に大きな仏像が鎮座していたので、写真の撮影許可をもらおうとしましたが、受付にいたタイの衣装の女性からストップされました。

35_屋上のタイ料理店.jpg

まだ半分も見ていませんが、少々歩き疲れたので、EMialCoffeeという喫茶店で一休みすることにしました。

37_EMail珈琲店.jpg

入り口でアイス・モカを注文すると、料金と引き替えに熊の小さな縫いぐるみをもらいました。開店記念品と思い、思わず、「あ、これもらっていいの?」と聞くと、「いえいえ、商品がまだ届いていないという印です。商品を届けた時に返してもらいます」とのこと。物欲しそうな目つきで焦って聞いてしまい、恥ずかしい思いをしましたが、なかなか、洒落ています。

38_オーダー品識別用熊さん.jpg

店内は広々としており、ステンドグラスの淡い照明、手作り木製のテーブル、不揃いなまちまちの木製椅子、シックで落ち着いた雰囲気です。

39_洒落た店内.jpg

例によって店内の見学です。ふと、立派な個室が目にとまり、中に入ってみると、なんと喫煙室でした。

40_目立つ個室は喫煙室.jpg

大きな熊の縫いぐるみ、書棚の飾り本、ゆったりしたソファー、日本でよく見た殺風景な喫煙室と大違いでした。熊さんがタバコの煙で黄色く染まらないことを祈ります。

41_喫煙室も洒落ている.jpg

ステンドグラスや古風な飾り物、鉢植えの植物など、とても落ち着けそうで、一気にお気に入りの喫茶店になってしまいました。

42_ステンドグラスの照明が綺麗.jpg

各テーブルの下にはコンセントが設置してあり、もちろん無料のWifiもあります。休日にはPC持参で、半日程はのんびりできそうです。

43_すっかりお気に入りになった.jpg

素敵な喫茶店を見つけたことで、すっかり気をよくして萬象城を後にしました。

楊家坪の歩行街に戻ってくると、今まで気づかなかった「買い物オブジェ」です。買い物袋を持つ男性の手首には、妙に存在感のある腕時計です。じっと目を凝らして見ると、しっかり時刻を刻んでいました。

44_楊家坪の買い物オブジェ.jpg

posted by ぼうらん at 11:16| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。