2014年10月26日

エアコン修理・重慶小面ナンバー1の店

猫の能力の一つに跳躍力があります。娘猫は毎日元気一杯で走り回ります。ご覧のように、助走無しにその位置からヒョイと飛び上がれます。(エアコンの上に好物のスルメを置き、三脚を使って連写)

01_そのままジャンプ!.jpg

娘猫の身長は60cm、エアコンの高さは1m以上です。170cmのヒトであれば2m80cmほどの高さに飛びつくことになります。走り高跳びであれば、バーを蹴落としているように見えますが、日頃の動きを見ていると蹴落とさなくてもいけるかもしれません。目一杯助走を付けた走り高跳びの世界記録が2m45cmのようですので、猫の跳躍力はなかなかのものです。猫の「そのまま高跳び」競技ができると面白いかも。

↓は我関せずで、ノッタリと休憩ばかりしている母猫です。運動しないので太り、太ると足に負担がかかって足が痛むようで益々運動しなくなる、という悪循環になりつつあります。以前の猫が病気では?というのは、単なる運動不足のようでした。我が身同様、どうにかしないといけないなぁと思い、立派な計画は立てつつも行動が伴わず、母猫と溜息ばかりついている毎日です。

02_運動嫌いな母猫.jpg

---------------------

さて、今日日曜日の朝、窓の外を見ると向こう側のマンションでエアコンの室外機を設置するようです。おそらく地上から30階ほどの高さでしょう。

03_エアコン修理1.jpg

見ているだけで震えがきそうです。格納する凹部分のサイズを計り、いけそうと判断したようです。

04_エアコン修理2.jpg

数人がかりで重たい室外機を窓から外に出します。くわえ煙草で危機感が不足しているのではと思ってしまいます。紐が解ければ、室外機は真っ逆さま。もし下に通行人がいたら確実に死ぬでしょう。

05_エアコン修理3.jpg

一番大変な屋外作業者が一人で凹部分に入れようとしますが、うまくいかないようです。足場も狭く、下を見れば目も眩む高さです。両手も使えず思うようにいかないのでしょう。

06_エアコン修理4.jpg

もう一人、見かねて、命綱無しで外に出てきて、足を使って凹部分に入れ込もうとします。写真では何と言うことはないと思うでしょうが、ここは30階です!

07_エアコン修理5.jpg

何とか格納できたようですが、それから室外機にホースなど取り付ける必要があり、作業はこの後一時間ほどかかったようです。

08_エアコン修理6.jpg

誠に恐ろしい仕事です。いくら高額の賃金でも、私には絶対に無理です。エアコンはよく故障して修理人を呼びますが、屋外作業でもそんなに高くはないです。

命綱一本と支えてくれる仲間達に我が身を託し、命がけで仕事をしている人達を尊敬せざるをえません。

それにしても、室外機まで考慮した建物を設計できないのかと不思議に感じます。写真を見てお分かりの通り、ベランダも無く、窓の外はそのまま外です。高層階になると窓から見下ろすと目が眩みます。最近はベランダのあるマンションも増えてきましたが、まだまだ窓の外は即外というマンションが多いです。

---------------------

昨日土曜日は、住まいの近所にあると聞いていた「重慶小面50強のナンバー1」の店を探してみることにしました。

09_小面No1店案内.jpg

小面は中国にはどこにでもあるものかと思っていたら、どうやら重慶独特のこしのある細麺のようで、「重慶小面」というのはブランドになっているようです。毎年、重慶小面50強が競われ、ネットによる投票により審議会で50強を決めるという力の入れよう。

2014年に決定した第一位は「老太婆攤攤面」というお店。一位ということで、車で乗り付けるお客も多いようです。

10_小面No1店外観.jpg

11_小面No1店外観2.jpg

とはいえ、店内は普通の面屋さんで、日本人の中には足を踏み入れたくない人もいるでしょう。

13_小面No1店店内2.jpg

12_小面No1店店内.jpg

特徴は、豚骨(?)をじっくり煮込んだスープにありそうです。

14_小面No1店スープにこだわり.jpg

私は肥腸面の辛いものを注文。待つこと5分。出てきた肥腸面は、どこでも食べているような外観でした。

15_小面No1店小面の味は?.jpg

味は、と言うと、確かに美味しい。面もスープも美味しいと思いました。が、一位だ!という程、他店の小面との違いは分かりませんでした。それだけ重慶の小面はどこでも美味しいということでしょう。

この店の付近は、表通りから少し入り込んだ古い住宅街の中にあります。

16_付近の様子1.jpg

表通りは車や多くの人で騒音だらけですが、一歩中に入ると静かな佇まいです。

16_付近の様子2.jpg

古い雑貨屋や道路端の八百屋さんなどいろいろあります。

17_付近の様子2.jpg

18_付近の様子3.jpg

19_付近の様子4.jpg

パソコン屋の隣に果物屋があったりして、散策しても楽しいです。

19_付近の様子5.jpg

しかし、この界隈は、以前紹介した近代的な萬象城に隣接しています。

20_隣接するのは萬象城の高層ビル.jpg

このあたりもいずれ取り壊されて再開発されるのでしょう。
表通りからちょっと入ると古い中国にワープしたような世界。再開発でどんどん取り壊されていくのは仕方の無いこととは言え、ちょっと寂しい気がします。
posted by ぼうらん at 15:54| Comment(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。