2014年08月10日

新妙鎮から大順郷へ(4)

老大順場の民家の奥に進み、畦道を進みます。振り返ると、人は住んでいるものの民家の屋根は朽ちかけています。

14_0洋房子に向かう途中、老大順場を振り向くと.jpg

■洋房子

このままだと、暫くすれば取り壊されるだろうと思っていると、直ぐに「洋房子」に着きました。ホテルでもらった説明書に書いてあったので、是非行きたい場所でした。ただ、入り口には鍵がかかっていて中には入れません。

14_洋房子1.jpg

観覧料を支払う小窓の上に、電話番号が書いてあったので、彼が連絡してくれました。

入り口前には公衆トイレもあり、観光客も多少は来ているようですが、整備されていないようです。

16_洋房子3.jpg

洋房子についての説明書きがありました。

15_洋房子2.jpg

この説明書きと後で調べた事です。

洋房子は、1926年に陳鳳藻という大順郷人が建設し、1951年の土地改革時に政府に没収され、1992年迄は政府の執務室として使用されていたが、その後は町の統廃合により使用されなくなり、草の生い茂る荒れ果てた建物・敷地になっていった。

2004年にシンガポールで華僑として成功していた重慶出身の凌健(当時38歳)がこの荒れ果てた洋房子の写真を偶然目にして、骨董に興味があったこともあり、ここを買い取って整備する決心をした。買取価格20数万元、その後の1年間の整備費用300数万という巨額の資金を投入したそうだ。

当時の新聞を見ると、凌健はとても謙虚な人で、自らあまり口を開かない為、なぜこんな山奥に、こんな朽ちかけた家を買い、巨額の費用をかけて整備するのか、誰もが不思議に思っていたようです。

ここには建物だけでは無く、多くの骨董品も有り、凌健はそれらも含めて優美な価値ある芸術品だと認めていたそうです。

そうこうして待っていると、年配の女性が鍵を持ってきてくれました。

中に入ると、整備された庭に、古い建物が見えます。

17_洋房子4.jpg

建物の中には、骨董品が至る所に置かれています。

18_洋房子5.jpg

個室になっている部屋には、王室の寝具もあります。何と、この部屋には一泊600元(1万円ほど)で、宿泊もできるそうです。

19_洋房子6.jpg

庭に出てみると、大きな洋館風の建物である事が分かります。

20_洋房子7.jpg

二階の上の屋根裏部屋は、各地で集められた骨董品が沢山展示されていました。

21_洋房子8.jpg

階段を下りる時、眼下に見える屋根を見ると、この地方独特なのでしょうか、小さな瓦屋根です。この瓦の一部を剥がして明かり取りにしている家も別で見かけました。

22_洋房子9.jpg

敷地内の庭は広く、よく整備されています。

23_洋房子10.jpg

1階まで降りてくると、ここも宿泊用の部屋で一泊168元(300円程)で宿泊できるとのこと。中はいかにも誰か宿泊していた風ですが、欧風の清潔な感じの部屋でした。

24_洋房子11.jpg

■棚田、再び天宝湖

そこを出ると、そろそろ彼の家まで送ろうということになり、来た道を引き返しました。

山にある町の為、棚田になっている田畑を沢山見かけました。

25_棚田.jpg

途中、彼が「このあたりの天宝湖もなかなかいいよ」と言うので、言われた脇道に入りました。

湖の手前に人家があり、お年寄りが三人で私たちを見ています。

26_天宝湖守人家.jpg

ここに止めて良いと彼が言うので、挨拶をして敷地内に止めました。眼前には、ダムで見た天宝湖とはまた違う景色が広がっています。

27_天宝湖.jpg

二人で湖畔まで降りて散策しましたが、鴨が戯れていたり、釣りをしている人達がいたりと、この町にとって、広大な天宝湖は飲料水や灌漑だけでなく、人々の生活に密接に関係しているようです。

先ほどの家に戻ると、暫く休んでいけと家人達が言うので、手作り椅子に腰掛けて話をしました。例に漏れず、この人達のご子息は都会に出て仕事をしているそうです。皆さん、笑顔を絶やさず、とても優しい顔が印象的でした。

28_天宝湖守人家と.jpg

庭では沢山の鶏が遊んでいます。山奥のせいでしょうか、鶏たちも温厚な顔に見えました。

29_天宝湖守人家の鶏.jpg

<続く>
posted by ぼうらん at 14:50| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

新妙鎮から大順郷へ(3)

大順祥和興生態農庄ホテルで迎えた朝、風呂に浸かりたいと思い、バスタブに水を溜めるととても濁っています。変だと思い、お湯を捨てて、また溜めても変わらず。

01_濁り水.jpg

スマホに写真を撮り、フロントで見せると、若い女性服務員がニッコリ笑って「このホテルでは、水は自家製。だから問題無い。飲んでも大丈夫!」

昨夜のシャワーの時は気づかなかったのですが、これが正常だそうだ。しかし、いくら何でもこんな色じゃ飲めないし、バスタブに入る気にはなりません。

ホテルの裏に回ってみると、建物は欧風です。どうも一人用は屋根裏部屋のようです。太陽光発電バネルのようなものがある部分が一人部屋。

02_裏から見ると欧風.jpg

朝食はバイキング形式でした。宿泊者10名程が大きなレストランに集まりました。全て中国式の朝食内容で、私は、お粥、あんこの入った饅頭1個、ゆで卵1個、温野菜、漬け物と軽く頂きました。

03_朝食はバイキング.jpg

周りを見ると、饅頭2,3個、ゆで卵2,3個と、朝から旺盛な食欲に感心しました。

チェックアウトの時、ホテルでもらった大順郷の写真集の中の一つを指さし、場所を教えてもらいました。龍譚鎮に行くには少し早いので、この近くの名所旧跡を見る事にしたのです。

ホテルを出て、暫く進むと、このホテルの本業と思われる倉庫がありました。

04_本業の倉庫.jpg

そこにいた人達に、念のため、再度場所を聞くとホテルで聞いた道と同じだったので、安心して先を急ぎました。こちらでは道は複数の人に聞くのが無難なのです。

かなり走った頃、地元の人に写真集を見せて、再度道を聞きました。ここから、7,8Kmほど先で、それは私の行きたい龍譚鎮とは逆方向とのこと。遠いから行くのは止めた、と彼に言うと「近い、近い、オレが案内する」

ここから、彼との長い道中が始まりました。仕事はいいのか?「妻は仕事で少し離れた所で働いている。オレは今は無職。だから問題無し!」

目的地に行く途中で、ここも見所なので止めて、と言う。両側にサトウキビの生い茂る細い道。

05_李蔚如生家入り口.jpg

一体何があるのだろうと、車を止め、細い道を進みます。先に、古い民家が見えます。

06_李蔚如生家1.jpg

その家の脇を通り抜けると、大きな古い家でした。

07_李蔚如生家2.jpg

重慶市から文化財として指定されていました。今まで何度も出てきた、日本に留学していたあの革命の士「李蔚如」が生まれ育った家でした。

08_李蔚如生家3.jpg

随分大きな家で、まだ人が住んでいるようで話し声が聞こえていました。

09_李蔚如生家4.jpg

それにしても、案内板も無い細い道です。これじゃあ、絶対に一人ではたどり着けないと彼に感謝でした。

そこから暫く走ると、新妙鎮から大順郷に行く途中に通った小さな集落でした。少し家が集まった所に来ると、そこで止めろとのこと。細い路地を少し歩けば老大順場。

10_老大順I場1.jpg

古壁が時代を感じさせます。この大順場には、後漢の時代に南方から客家人が移住してきて始まった町だそうです。今、その名残があるのかどうかは不明ですが、大変古い建物です。

11_老大順I場2.jpg

彼がそこにいた人からいろいろ聞き、それを教えてくれましたが、残念ながらほとんど理解できませんでした。

12_老大順I場3.jpg

人が住んでいるように感じましたが、人影はほとんどありませんでした。しかし、今にも住人が出てきそうなそんな現実感のある長屋でした。

13_老大順I場4.jpg

<続く>
posted by ぼうらん at 23:54| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

新妙鎮から大順郷へ(2)

お婆さんと分かれ、車を降りると、直ぐ近くに天宝湖の管理事務所がありました。

25_天宝湖1.jpg

天宝湖はダムでせき止められた人工湖で、この地域一帯の水源地になっているようです。大順郷は、標高600〜800メートルにあり、水道も引けない為、飲料水・灌漑・発電を目的として2003年に完成したダムにより、広大な範囲に人工湖ができたようです。

26_天宝湖2.jpg

27_天宝湖3.jpg

28_天宝湖4.jpg

ダムの上の歩道の柵は、私の腰より低く、よろければ真っ逆さまに落ちかねず、近づくのにも勇気が必要な程でした。

29_天宝湖5.jpg

飲料水としては1級とのことですが、この付近の水はかなり澱んで濁っていました。

天宝湖を後にして、重慶十大古鎮の一つである龍譚鎮に向かいます。

山路を更に上った所で、大順祥和興生態農庄(大順祥和興 ECOLOGICAL FARM)という大きな看板が道路脇にありました。

30_大順祥和興生態農庄1.jpg

無農薬野菜を作っている農園かなと思い、またちょっと寄り道です。

暫く進むと、人家の無い山中に突如建物が見えてきました。入り口の案内を見ると、果樹園や湖があるようです。

31_大順祥和興生態農庄2.jpg

門から入り、進むと山の中に不似合いな綺麗な建物です。

32_大順祥和興生態農庄3.jpg

建物の中に入ってみると、ホテルのロビーのようでした。

33_大順祥和興生態農庄4.jpg

昼をかなり回っていましたので、ここで昼食を食べることにしました。昼食をロビーの風格のあるテーブルに持ってきてくれました。

34_大順祥和興生態農庄5.jpg

食事中に服務員から話を聞くと、ここは農園を経営しているオーナーのホテル、レストランとの事。こんな山の中にお客が来るのだろうかと余計な心配をしましたが、オーナーから見れば、別にこのレストランとホテルで収益を上げなくてもよいのだろうなと一人想像しました。

裏に回ってみると、コテージ風の建物が数棟建っています。天気も良く、山の中なので空気もいい、どうせ観光地に行っても良いホテルは無いだろう、今夜はこの自然の中でゆっくり静養しようと思い、宿泊することにしました。

34_大順祥和興生態農庄6.jpg

料金もシングルで一泊178元(3000円程)と意外に安く、またネットも使えるとのこと。

部屋に案内してもらうと、コテージ最上階で屋根裏のような部屋でしたが、天井の一部が透明で空が見える構造です。

35_大順祥和興生態農庄6.jpg

屋根のカーテンを閉めると、こんな感じです。

36_大順祥和興生態農庄7.jpg

外はこんな感じ。

37_大順祥和興生態農庄8.jpg

夕方になると太陽が山の向こうに沈み、こんな感じ。

38_大順祥和興生態農庄9.jpg

夕食は個室に通され、若干寂しいテーブルになりましたが、服務員が気を遣って時々顔を出して、話しかけてくれました。

39_大順祥和興生態農庄10.jpg

明日は朝から「龍譚鎮」に向かう予定でしたが、ホテルにあったパンフレットによれば、この付近にもいろいろ旧跡があるようですので、また少し寄り道することにします。

今夜は、昨夜とはまた違う雰囲気の中で、三日月を見ながら就寝することができました。

(続く)
posted by ぼうらん at 23:58| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

新妙鎮から大順郷へ(1)

フーリン区新妙鎮の「帝豪ホテル」で迎えた夏休み初日のこと。

オヤジさんがドアをドンドンと叩きます。何事かと思えば、パスポートを貸してくれ、との事。どうも、昨夜うまく登録できなかった為、どこかで登録する必要があったようです。

昨日のブログを読んだ知り合いから、注意した方がよいとアドバイスをもらいました。中国では外国人がホテルに宿泊するときは、自分で公安に届け出る必要があるそうです。大きなホテルはホテル側でやってくれますが、小さな田舎のホテルではそういう事をよく分かっていない事もあるとか。

私はてっきりホテルにそういう義務があると思っていたのですが、本人の義務だったようです。公安さんにとっ捕まらなくてよかったです。

さて、パスポートが戻ってくるまでの間、付近を散歩してみました。田舎の町です。

鴨を売りにいくのでしょうか。道路の真ん中で出会ったおばさんと会話している人もいます。

01_鴨.jpg

田舎ではよく見る光景ですが、籠を背中に背負っている人達もいます。小さな子供にとっては、籠の中は居心地が良さそうです。冬は綿入れなど入れているので暖かいでしょう。

02_籠を背負う.jpg

暫くすると、オヤジさんが戻って来ました。パスポートを返してくれながら、この後どうするのか?と聞かれたので、昨夜聞いたこの付近の見所に行ってみるので、道を教えてと聞くと、「案内するよ」と彼の車を出してくれました。場所も分からないので、好意に甘える事にしました。

最初に向かったのは、昨夜「ポトス」と聞いていた場所。植物のポトスしか思い浮かばず、何だろうと思いながら、車で山路を進みます。こりゃあ、とても一人では来れないな、というような山路の迷路でした。

ようやく着いて車を降り、坂道を少し上がるとボトスが見えました。

03_普陀寺1.jpg

なんとそれは「普陀寺」というお寺でした。「プートゥオス」という発音ですが、私の耳にはボトスとしか聞こえませんでした。

04_普陀寺2.jpg

後で調べたところ、普陀寺という寺は中国にいくつかあるようです。アモイにある南普陀寺というのが有名とのこと。でもなぜ、こういう田舎に普陀寺があるのだろう・・

05_普陀寺3.jpg

建物の中では、書物を見ながらお経を勉強しているお爺さんとお婆さん。その人達に黙礼し、眼前のお釈迦さまに膝をついて神妙な顔で拝礼しました。

06_普陀寺4.jpg

屋外の小屋には弥勒の文字から弥勒菩薩でしょうか。もっとスリムな印象がありましたが、随分、ふっくらされているようです。

07_普陀寺5.jpg

そこを出て、次に向かいます。オヤジさんは運転中も携帯電話に向かう程、絶えず仕事の連絡を取り合っています。申し訳無いとは思いましたが「気にするな、問題無い」と案内を続けてくれました。

着いた所は「弋陽農講所」という建物でした。道々、毛沢東の同志が付近の農民達に学問を教えていた場所だ、と聞かされていました。

実は、ここで聞いた同志は後々、ある人物に繋がるのです。

08_弋陽農講所旧址1.jpg

フーリン区の保護対象になっているようです。中に入ることはできませんでした。普陀寺でもそうでしたが、観光客はおろか付近の人もほとんど見かけないような場所です。

09_弋陽農講所旧址2.jpg

10_弋陽農講所旧址3.jpg

そこを出て、一旦ホテルに戻り、チェックアウトをした所で、次、どうするのだとまたオヤジさんに聞かれました。

元々は、龍興鎮という古鎮に行く予定でしたが、フーリン区に来てしまったので、予定を変えてフーリン区内の龍譚鎮に行くと伝えた所、「丁度、人を送るので、途中まで道を案内する」とのこと。

もうこここまで世話になれば、甘えようと思い、オヤジさんの車の後をついていきました。

高速道路入り口付近で、二股に分かれている所で「そっちが、龍譚鎮の方向だ。大順郷に向かって進め」とのこと。何度もお礼を言いそこでお別れして、二手に分かれました。

それにしてもなんて親切で面倒見のよいオヤジさんだと感動でした。

言われた通りの山路をどんどん進みます。きちんと舗装はされていましたが、車とすれ違うこともない、グネグネとした山路です。道を聞いていなければ、不安で即Uターンでしょう。

11_龍譚鎮に向けて山路を1.jpg

こんな雰囲気の田舎の道。

12_龍譚鎮に向けて山路を2.jpg

こんな石橋もありました。
ひたすら上り坂です。

13_龍譚鎮に向けて山路を3.jpg

昔、革命家達がいたのだろうか?

かなり高いところまで上がってきた所で家がポツポツ見え始めました。レンガがとても可愛らしく印象的です。

14_可愛いレンガ.jpg

少し離れた所に取り壊したレンガが無造作に置かれていました。

15_可愛いレンガの正体.jpg

意図的な焼き方なのか、結果的にこんな模様になってしまうのか不明ですが、これをうまく組み合わせて、印象的な模様のレンガの家になっているようです。

ようやく大順郷の一つの村に着いたようです。

16_大順郷.jpg

ほどなくして、大きな学校がありました。「大順更新学校」という幼稚園、小学校、中学校が一つの敷地内にあるようです。

17_大順更新学校1.jpg

ここに「李蔚如」という人の銅像が建っています。

18_大順更新学校2.jpg

どんな人なんだろうと思いつつ、更に先に進みます。

と、ある案内板が目にとまりました。

19_大順郷の烈士案内.jpg

「李蔚如」という人は大順郷出身の革命の士だったようです。

20_李蔚如1.jpg

21_李蔚如2.jpg

22_李蔚如3.jpg

キリリとしたハンサムな印象を受けました、

彼の経歴が記されていました。

23_李蔚如4.jpg

1883年生〜1927年没。この付近で生まれた革命家で、若いときに日本に留学していたとのこと。また、教育にも力を尽くし、学校をいくつか設立した。最後は、国民党により帰らぬ人となったとのこと。

大変失礼ながら、こんな山の中の若者が日本に留学していたというのは驚きと共に不思議な縁を感じました。

あのオヤジさんに連れていってもらった弋陽農講所で聞いた毛沢東の同志とは李蔚如のことだったのでしょう。

この地域一帯で尊敬されている人物なのでしょう。

暫く、ぼんやりと感慨に耽りつつ、この地を後にしました。

途中に風情のあるバス停のようなものがボツボツとあります。

24_バス停か?.jpg

更に進むと「天宝湖」の案内板がありちょっと寄り道しようとそちらに車を向けました。

細い下り坂になり、なかなか無いなぁと思った頃、籠を背負ったお婆さんが坂を登ってきたので、「天宝湖」の場所を聞いたところ、行き過ぎていたようです。

かなり痩せて、高齢に見えたので、坂道が大変だろうと車に乗ってもらったのですが、乗った瞬間から威勢のよい声でガンガンしゃべり始めました。

「天宝湖」に着いて、車を降りてもらうと、お婆さんはニッコリ笑いながら、手を振り、威勢の良い元気な声で、

『シェーシェー(謝謝)! ザイジエ〜ン(再見)!』

圧倒されました。

<続く>
posted by ぼうらん at 23:42| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

高速道路を間違えた!

月火は夏休みを取って、ちょっと出掛けようと思い立ち、日曜日の夕方に、龍興鎮(重慶十大古鎮の一つ)という町に向けて、車で出発しました。予定では二時間程です。

途中、新しい道ができたようで、片側三車線の広い道路を高速道路めがけて走りました。重慶では道のできるのがとても早いです。カーナビの地図も直ぐに役に立たなくなります。

小一時間ほどで、重慶の外側環状高速道路のインターに到着。そのインターは二つの高速の交わる所だったようで、今、思えば、ここで、別の高速に乗ってしまったようです。

そんなこととはつゆしらず、方向的にはこっちだな、と地図を確かめることもせずに進みました。

三車線の高速は、左側(右側通行なので内側)から120K、100K、80Kが制限速度です。

120Kでビュンビュン行くも、なかなか目的地のインターがありません。何かおかしいと気づき、出口が見えたとき、車を脇に止めて地図を見ると、案の定、全く違う場所まで来ていました。

とりあえず、ここで一旦高速を降り、高速を戻るべきか悩みましたが、今からだと暗くなると思い、降りたインターの町に行くことにしました。

ところが、インターがあるにしては、道幅の狭い山の中。どうなることかしらん、と不安でしたが、そのうち突如開けて、こじんまりした町に入りました。

道路沿いに綺麗なマンションが沢山建っています。とりあえず、ホテルを探ました。

中心地と思われる広場のあたりで、ホテルを聞くとこの町には三軒のホテルが有り、どこも似たようなレベルとのこと。直ぐ近くにあったホテルに車を駐め中に入ると、オヤジさんが出てきて、部屋に案内してくれました。

01_ホテル.jpg

素泊まり100元(1700円程)の安いホテルでした。

オヤジさんから、食事はどうするかと聞かれたので、「食べたい」と答えたら、直ぐに来いとのこと。行ってみるとホテルやレストランの従業員達(全員親類とのこと)が円卓で食事中。

03_皆さんもまだ食事中.jpg

そこに座って食べろとのことで、言われたまま、席に着き、皆で食べていた料理を一緒に食べました。

02_一緒に夕食.jpg

隣にオヤジさんと奥さんが座り、ビールで乾杯しつつ、美味しい家庭料理をご馳走になりました。話はあまり
理解できませんてしたが、楽しい夕食でした。

04_オーナー夫妻.jpg

レストランにもなっているようで、400人は座れるそうなので、結婚披露宴などでも利用されているそうです。

05_レストラン.jpg

食事後、どうするか?、とオヤジさんに聞かれたのでその辺をちょっと散歩すると答えると、「案内するよ」とのこと。

直ぐ隣が中心地の広場でしたが、人口が少ない分、さすがに寂しい雰囲気でした。

06_中心地の広場.jpg

既に20時を回っていましたが、子供達が砂遊びをしたりどこでも見かけるダンスで、皆さん楽しんでいるようです。

07_広場での砂遊び.jpg

08_どこでも変わらないダンス.jpg

オヤジさんと二人でウロウロ歩き回りながら、このあたりの見所や町の事を教えてもらいました。

分かったことは、ここは「フーリン区新妙鎮」というちょっとした町で、人口は5万人。しかし、今は2万人程。春節前に出稼ぎ者が帰ってきて、しばらくの間5万人になるとのこと。綺麗なマンションにほとんど明かりがないのは、出稼ぎでに出ているからで、三年間、働いたら帰ってくる。広州や重慶市内への出稼ぎ者が多い、というようなことでした。

09_人気を感じない新マンション.jpg

10_若干は住んでいそうな老マンション.jpg

面倒見の良いオヤジさんは、この土地で成功している方のようで、下の写真の二棟の大きなビルは所有物とのこと。新しいホテルを作っているとのことでした。

11_オーナーの持ちビル.jpg

30分ほど散歩して、ホテルに帰り、ビールを1本買いましたが、金は要らないよ、とのこと。

ネットは使えると聞いて泊まったのですが、ネットとは有線放送だと勘違いしたようで、結局、使えませんでした。

明日の朝、この町をもう少し探索して、目的地に向かいたいと思います。

「チェックインしていなかった」と奥さんが部屋に訪ねてきたので、パスポートを渡し、料金100元を前払いしました。政府から提供される(有償でしょう)システムで、宿泊者を登録する必要があるのです。宿泊者情報をしかるべき所に送信しているのかもしれません。

ただ、外国人は初めてだったようで、パスポートをうまくスキャンできず困り果てていました。

ハプニングの初日でしたが、それはそれで親切で楽しいご夫婦とも出会え、楽しめました。

posted by ぼうらん at 23:55| Comment(1) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。