2014年07月28日

雑多な話題

一つの話題にするには、ちょっと短いなぁと
いうことをいくつか書いてみます。

------------------------------------------
重慶は火鍋が名物です。唐辛子や山椒の実で
真っ赤になった鍋の中に、主に内臓系のものを
いろいろ入れて煮て食べるのです。痺れるような
辛さで初めて来た日本人の中には食べられない
人も沢山いますが、ビールにもよく合うので、
私は大好きです。

九州には、うどん屋やラーメン屋が沢山ありますが
火鍋店はそんなもんではなく、至る所にあります。

先に重慶の中心街を見渡すには、南山という山の
展望台が一番、という事を書きましたが、この
南山には重慶の有名な火鍋屋さんが沢山集まって
いる地域があります。

先日、行った店はとても広い敷地で、池の上に
せり出した席もあり、なかなかいい雰囲気でした。

01南山の火鍋屋1.jpg

夜はライトアップされ、家族連れで賑わっていました。

02南山の火鍋屋2.jpg

2014/6/22 南山 鮮龍井火鍋
--------------------------------------------

重慶にも日本のコンビニはあります。
ローソンが2010/7に最初の店舗を出してから、
現在で84店舗。
その後、セブンイレブンが2013/12/24に同時に
2店舗をオープン。現在の店舗数は知りません。

最初にオープンした1店舗は、中心地の解放碑の
在重慶日本国総領事館近くにあります。先日、
立ち寄った時、あのセブンカフェがありました。

03セブンの珈琲.jpg

思わず買ってしまいましたが、値段は日本と
大差なし。とはいえ、スターバックスの400円程の
珈琲と比べると、安くて旨い!
最近、中国でも珈琲を飲む人が増えてきました。

店内の品揃えもいいですね。弁当もあり、近所に
あると嬉しいお店です。店内には飲食のできる
スペースもあります。大きなゴミ箱がデンと置いて
あるのには苦笑でしたが、それでもテーブルの上
には、食べ残りが散乱していたりします。

04セブンの店内.jpg

2014/7/16 解放碑 セブンカフェは旨かった!
--------------------------------------------

中国の製品は品質が良くないと言われています。
たしかに長持ちしないものも多いです。

でも、そのお陰で、いろいろな修理屋さんが
あちこちに店を出しています。

壊れやすいから修繕屋さんの需要が多く、商売
としても成り立つ訳です。
壊れにくいと修繕屋さんの出番が少ない為に、
自ずとそういう商売は淘汰され、そのうちに
壊れたら捨てるという実にもったいない状況に
なってしまうのではないでしょうか。

日本でプレゼントされたシャツに日本で穴を
空けてしまいました。これがどうなるかと
半分は好奇心で修理屋さんに持っていきました。
340円ほどと言われ、ちょっと高いと思いましたが
頼みました。できあがりを見て、驚きました。

05服の補修.jpg

矢印の上が穴が空いていた場所です。
じっくり見ても、よく分かりません。
凄い技術だなぁと感心した次第。

2014/7/16 近所の修理屋さんの匠の技
--------------------------------------------

先日、缶ビールを飲もうと、蓋を開けて
暫くしてから、アレ、蓋が取れない、という事に
気づきました。日本では当たり前になっていた
のですが、こちらでは外れる方式の蓋でした。
いつから変わったのか不明ですが、まだ、外れる
方式の缶も多いです。

06缶のプル.jpg

ちなみに、「ステイオンタブ式」という蓋だそうです。

2014/7/22 取っても外れない蓋が徐々に増えてきた
--------------------------------------------

先日、向かいのマンションの30階付近を見ていたら
何か動いています。

07エアコン修理1.jpg

じーと見つめると、人が屋外でエアコンの室外機を
取り付け(or取り外し)の最中でした。命綱は
付いているようにも見えましたが、見ているだけで
恐ろしい光景でした。

08エアコン修理2.jpg

2014/7/9 マンションの室外機工事は命がけ?
--------------------------------------------

posted by ぼうらん at 23:55| Comment(4) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

福岡から重慶へ、久しぶりのドタバタ劇

福岡からは、北京まで国際線、北京から国内線に乗り継いで
重慶に行く便を予約しました。ただよく確認しなかった為、
大連経由北京行きの便を予約していたようです。福岡空港で、
大連経由北京までのチケットと、北京から重慶までの二枚の
チケットを発券してもらいました。

大連で下りて、そこで入国審査を行い、再び同じ便に乗り込む
事になります。福岡から北京までの乗客は、特別な入国審査場
でしたので、非常にスピーディに審査も完了。

ああ、これはいいわい、と思いつつ、指定の出発ゲートに行くと、
出発まで1時間待ち。ところがその時間になっても、搭乗案内の
気配無し。そのうち、ゲート案内の電光掲示板の離陸時刻が、
いつのまにか「待定(ペンディング)」に変更されていました。

アイヤ〜、北京で乗り継ぐ便に遅れないといいが、と懸念しつつ、
それから待つこと30分、ようやく搭乗。

しかし、機体が動き出したのは、搭乗してから2時間20分後。
つまり、17:20に飛び立つ予定が20:00に飛び立ったのです。
北京からの重慶行きは20:15発でしたので、この時点で乗れない
ことが確定でした。

機内で客室乗務員には乗り継ぎ便に乗れない事はアピールした
のですが、「着いたら担当が待っているので心配しないで」と
涼しい顔。

1時間ほどで北京着。タラップから下りると、女性の担当に
「福岡からの人はこっちのバス」と案内され、そちらに乗り
込みました。お客さん30名ほどで内日本人と思われる人は4名
程でした。

しかし「乗り継ぎ便が無くなっているのでどうにかしてよ」と
交渉できそうな担当は見当たらず、そのまま、預けたスーツ
ケースを受取る為にターンテーブルに。(搭乗した中国国際
航空(CA)では、預けた荷物を国内線に積み替えてくれる
サービスを経験した事がありません)

かなり長い時間待って、ようやく出てきたスーツケースを引き、
直ぐ近くにある国内線乗換用のカウンターに向かいます。

ん? 10個ほどあるカウンターに誰も係員がいません。
ウロウロしてようやく探し当てた女性に聞くと、「三階に
上がって手続きをして! 早く走って!」と。
このでかいスーツケースはどうするの?と聞くと、「それも
一緒に持って上がって、早く!早く!」と急かされるので、
とにかくバタバタとハーハー言いつつ上がりました。

上がった先は、手荷物検査場でそこを抜けると搭乗口のある
フロアでした。手荷物の安全検査場にでかいスーツケースを
持って入れるはずはないわなぁと思いつつも、とにかく、
とっくに出発時刻の過ぎた発券済みのチケットを係員に見せ
ました。

案の定、いろいろ揉めまくりましたが、係員があちこちに
話をしている所に、恰幅の良い男性が出てきて、とにかく
全ての荷物を検査台に乗せろ、とのこと。

言われるままにスーツケースを検査機にかけたところ、中に
入っていた水物に反応し、開けさせられました。焼酎二本と
知人に頼まれていた日本酒一本。本来は預けるスーツケースに
入れるべきものなので、検査に通らないのは当然と言えば当然。

水物はダメだ、と厳しく言われ、スーツケースからそれらを
出して、再度安全検査。無理矢理取り出した為、スーツケース
の中はぐちゃぐちゃ。

搭乗に間に合わないと焦る係員。しかし職務上、水物は
通せない為、酒三本を取られて、別の場所に連れて行かれ、
更に恰幅の良い係員から何やら厳しく問い詰められる。

こっちは上の空で聞きながら、そもそもは、こんなに遅れた事が
原因と情けないやら腹立たしいやら。しかし稚拙な中国語では
適切な反論も出来ず。

暫くいろいろ言っていた強面係員が、突如、

「もういい、OK!」

と酒を返してくれました。私が恨めしそうに酒を見つめていた
為か、これ以上は飛行機を待たせられないと思ったのか。

その内の一本は、宮崎で知人にプレゼントされた宮崎のあの
幻の焼酎「百年の孤独」。なんでこんな事で取り上げられる
のかと、私の目は相当に悲しげだったのでしょう。

でも、ここで気が変わられては大変と、さっさとスーツケースに
酒をしまい込み、ぐちゃぐちゃスーツケースに入らなくなった、
博多で買ったお土産の銘菓「博多通りもん」を手に持ち、
思わず「謝謝〜!」と口走ってしまい、搭乗口へ。

背後からあのごつい係員の「急げ〜! 急げ〜!」の掛け声に
見送られる。

搭乗口がこれまた遠く、上がる息をこらえつつ、20Kg超の重い
スーツケース・PCの入ったカバン・一眼レフの入った小さめカバン・
それに「博多通りもん」を小脇に抱え、無くなりかけた髪の毛を
風に靡かせながら、ヒタ走る老人を不思議そうに眺める人の目も
気にならず。

ようやく搭乗口に近づくと、はるか先の搭乗口から女性係員が
「急げ〜、急げ〜」と手招き。しかし、案の定ここでもスンナリ
いかず。引き継ぎが全くなかったようで、改めて電話で数ヶ所に
長々と確認。

外では小さなバスが最後の乗客を待っている。
ああ、随分迷惑をかけているのだなぁ、とついついうなだれ、
反省する猿状態。『もう十分努力した、よくやった』と自分を
慰めつつ、「もう、いいわ。明朝の飛行機に乗せて欲しい」と
言っても、二人の係員はああでもない、こうでもないと論議を
止めない。

結局はそこで座席を手書きしてくれて、スーツケースも持った
まま、冷たい視線(と自虐的に想像)を向ける数名の乗客の
待つバスに乗り込みました。

スーツケースは搭乗機前で待っていた荷物係の人に渡して、
待ちくたびれた乗客達の待っている機内へと入りました。

乗った飛行機は300人以上搭乗可能なジャンボ機で、豪華なファースト
クラス、ビジネスクラスがありました。しかもそこはガラガラ。

『こんなに苦しい思いで乗ったのだから、ファーストに乗せろよ!』
言いたいのをぐっと飲み込み(こんな複雑な状況は、例え日本語でも
説明する気力が湧きません)、大人しくエコノミー席に座りました。
ほどなく動き出しました。

疲れ果ててウトウトしていると2時間20分ほどで重慶空港に着陸。
上海からよりは若干近いようです。到着は2時を回っていました。
22時25分着の予定から3時間半の遅れでした。

三ヶ月ぶりの重慶でしたが、とにかく一応たどり着けたことに
安堵し、ターンテーブルでスーツケースを待っていました。

『ああ、今、乗った飛行機の便名は何だったのだろう』と案内板を
見ると、何と私の持っている搭乗券と同じ便名! 福岡で発券して
くれた搭乗券のままなので、一体どういうことか暫く理解できず、
搭乗券と案内板を交互に見比べました。まさか私を待ってくれて
いた訳ではあるまいし、北京からの便も遅れ遅れで、結局は同じ便に
乗っていたのだという事を、ほどなくして理解することができました。

その便は、サンフランシスコから北京、北京から重慶への国際・
国内線でした。どうりで素晴らしいファーストとビジネスがあった
はずだと納得でした。

荷物を持って外に出るとそこは見慣れた重慶空港。こんな遅い
時間なので、人も少ないだろうと思ったのですが、タクシー
乗り場は長蛇の列。アイヤ〜、こりゃあ大変だ、もう疲れた〜と
思いつつも、他に手段が無い為、やむなく列の最後尾に並びます。

暫くして白タクの人達が寄ってきます。背に腹は替えらぬと
料金を聞くと150元とのこと。タクシーメーターなら70元程度の
はずなので二倍以上。深夜だし、しゃあねえなぁと思いつつも、
ついついいつものクセで100元!と値切り交渉。暫く交渉して
いると後から並んだお金持ちそうな人を見つけたようで、
そちらに乗り替えられました。

続いて若者が寄ってきたので料金を聞くと80元とのこと。
耳を疑い、行き先を再度言っても80元。OK!と早々決着し、
後から加わった男性客と二人でワゴンタイプの白タクに
乗り込みました。

その若者は、私の重いスーツケースを引いてくれるなど
好感の持てる男性で、途中、いろいろ世間話。
3歳の女の子のいる30歳で、広州で仕事をしていたが故郷に
帰ってきて運転手の仕事をしている。進学はできなかったので、
自学して大学受験資格を取得したという頑張り屋さんでした。

自宅に帰り着くと既に3時。ドアを開けるといつもはシラ〜と
している猫達が、ニャーニャーとお出迎え。久しぶりだったから
ではなく、恐らくお腹が空いていたのでしょう。猫砂のトイレを
掃除し、水を取り替え、食事を与え、スーツケースから荷物を
取りだして少し片付け、4時になったのでシャワーもせずに
とりあえずはベッドにパタリでした。

久しぶりの重慶で、のっけからドタバタ道中でした。
寝付くまでいろいろ思い出しました。

『各係員達は自分の持ち場の仕事には一生懸命対処する。
その熱心さに、「謝謝!」とお礼を言ってしまう程。
でも、自分の持ち場でのトラブルが終わってしまうと
「ヤレヤレ、終わった」と思ってしまうのかなぁ。
問題を引き継ぎ、うまく連係プレーできれば、もっともっと
素晴らしいのに』、そんなことを思いながら、いつのまにか
夢の中でした。
posted by ぼうらん at 22:01| Comment(2) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

ハトと青空

昨夜から宮崎に帰省中。

家の外を散歩している時、毎年巣作りをするハトが
今年も同じ場所で卵を抱いているのを見つけました。

このあたりは山だったところを造成して住宅地にした為、
山を追われた小動物や鳥が民家にやってきて、巣作りを
することが多いのです。

このハトは、毎年同じハトなのか、巣立った子供達が
大きくなって戻って来たのかは不明です。

1_卵を抱いているハト.jpg

ハトの目は、何ともつぶらですが、置物のようにテコでも
動きそうにないクリクリ目です。

2_卵を抱いているハト2.jpg

部屋の前の木に、忘れること無く舞い戻ってきます。

3_毎年、巣作りする木.JPG

3月の宮崎は、まだちょっと肌寒いですが、素晴らしい天気です。

4_単なる青空.jpg

重慶ではめったに見られない、雲一つ無い青空でした。
posted by ぼうらん at 21:50| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

EPPをEEPに間違えたら、大変なことに!

今日、重慶から上海、明日、上海から帰国です。

少し早めに重慶江北空港に行きました。
カウンターで手続きをしようとしたら「名前が違うので乗れません!」
とのこと。えっ?とよく見ると、名前の一部分の綴りが違うでは
ありませんか!

私の名前の綴りの一部の「EPP」が「EEP」になっていました。
自分でネット予約したときに、うっかり入力ミスをしたのでしょう。

「EとPは似ているし、ちょっとの違いなのでいいじゃないの?」
と無理を承知でお願いしましたが、「無理です」と厳しい返答。
予約センターに連絡して変更してもらわないと発券できないとのと。

たしかに、ここでよくでも、チケット検査と安全審査で、搭乗券と
パスポートを照合チェックされるので、どこかで指摘されるでしょう。

仕方無く社員に変更してもらうように連絡し、早々予約センターに
交渉してくれましたが、本人が予約センター(空港からタクシーで
30分以上の距離)に行き、変更手続きをしないとダメとのこと。

苦肉の策で、私がここから予約センターに電話をして、直ぐに
航空会社のカウンターの人に電話を渡し、その人から交渉してもらう
というアイデアを社員から提案されました。

そのようにやってみたところ、カウンターの人は電話を受け取って
くれて、いろいろ交渉を始めてくれました。「この人は外国人なので
自分が代わって話している、もうすぐ離陸する飛行機なので何とか
変更して欲しい」とお願いしてくれています。

しかし、それから1時間以上、予約センターの電話は、音楽モード
(暫くお待ち下さい)に何度も変わりつつも、しかも、途中での
同僚からの昼食の誘いも断って、根気強く私の携帯電話を握りしめて
交渉を続けてくれました。

ようやく変更してくれたようで、航空券を発券してくれました。
氏名がパスポート通りに訂正されていました。

中国国際航空(CA)の梁玲さんの粘り強い交渉に深く感謝して
保安検査場に向かいました。


日本の皆さんには、なんでこんなに難しいことになるのか?
と疑問に感じる人が多いと思います。日本の国内線では、
身分証の確認はないので、例え予約の名前が少々違っていたと
しても、飛行機には(黙っていれば)乗れると思われます。

また、仮に間違っていて乗れないとしても、同じ航空会社なので、
内部で何とか調整してこんなに待つことも無く、乗れると思います。

私もその時は、そう感じたのですが、よくよく考えてみると
中国では、例え同じ会社であっても、役割と権限が明確に決まって
います。予約センターは予約された情報を管理し、空港内カウンターの
担当は、その情報で発券するだけです。予約情報に間違いがあれば
それは本人が予約センターと掛け合って、訂正して貰うしかない
のでしょう。あくまでも個人責任なのです。

サービス的観点、仕事のミッションと権限について考えさせられた
出来事でした。

それにしても、CAの梁玲さん、どうもありがとうございました。
お陰で、無事に上海まで来ることができました。 m(_ _)m

今後は予約した情報の名前の綴りとパスポートIDはしっかり確認
しないとと、気合いの入った出来事でした。

重慶江北空港の国内線
1_重慶空港内.jpg

重慶特産品の売店
2_重慶空港の売店.jpg

搭乗直前。成田行きに、国内線乗り場から上海まで乗りました。
3_搭乗前.jpg


さて、明日から6月中旬までは日本です。
タイトル通りのブログを書けず、ハタと困りました。
一時的に「東京で何しょっとね?」として、時々投稿
したいと思います。

暫く会えない猫の母娘。気のせいか寂しげ。
4_暫く会えない猫の親子.jpg

以前紹介した小学校5年生のお子さんのイラストを、先ほど
チャットでもらいましたので、紹介しておきます。
今回のも楽しいイラストです。

右手に持っているのは何なのだろう?
5_小学生の楽しいイラスト.jpg
posted by ぼうらん at 22:20| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

芸術の街から急斜面を這い上がる

目の前に見えた、古い住宅街への急階段。ここから上がれば
見慣れた街への近道だ〜
と辿り着けるか若干の不安を覚えつつ、登り始めました。

1_古い住宅街へ上がる急階段.JPG

途中で女性に出会ったので、行けるかどうか尋ねた所、
ニッコリ笑って大丈夫よ、とのこと。(少々脚色有り)

こんな住宅街の中をクネクネと登ります。

3_古い住宅街の中を突っ切る.JPG

途中、猫2匹から、なんじゃい〜という目つきで睨まれ
フ〜!と威嚇されつつも、ズンズンと進みます。
写真は再掲です。

2_古いマンションの塀にて.jpg

何だかとても違和感のある「抵制邪教(邪教の排斥)」と
いう6、7枚セットの大きな張り紙をしげしげと眺めつつ
軽快な足取りでドンドン進みます。

4_途中の場違いに感じた啓蒙ポスター.JPG

細い分かれ道のこところに公安分室のようなものがあったので
中にいたおまわりさんに聞くと、あっちの道だというので、
安心して示された細い道に。上を見上げると建設中のマンションが
大きく見えています。古いマンションを押し潰さんばかりです。

5_古い住宅街の先には高台にそびえる建設中高級マンション.JPG

道が途切れ、細い急な石の階段に。大丈夫かしらんと思いつつも
ここまで来たら引き返せません。しかしあまりの急斜面で、
息も切れ始めます。

少し見通しの良い場所にたどり着き、下を見ると揚子江と貨物船の
コンテナの積み下ろし場が見えます。
重慶特有の靄で河中の島は見えますが、対岸は見えません。

6_少し登ったかな.JPG

クネクネとした細い石の階段をゼイゼイ言いながら登ると
建設中マンションが間近に見えます。

よく見ると、急斜面をせき止め、そこに作っているように
見えます。

7_急斜面に立つマンション.JPG

地震が襲って斜面が崩れでもしたら、間違いなくマンションは倒壊する
でしょう。岩盤の上にある重慶、地震のない重慶だからこそできる
建物でしょかうが、地震国日本で育った私としては、とても住める
ものではありません。オオ〜怖!と思わず身震い。

8_断崖絶壁の上のマンション.JPG

かなり登ってきました。八合目付近か。
もう息はゼーゼーゼーで、ふくらはぎパンパン。
気を抜くとフラフラと倒れそう。

後もう少し。頑張って休まずに登り続けました。

9_八合目.JPG

ようやく頂上付近。

下を見下ろすと、南駅や揚子江がよく見えます。靄がなけれぱ
見晴らしもいいのでしょうが、重慶ではそういう天候は極めて少ない。
残念だなぁ、と思いつつ、一気に頂上まで。

10_上がりきった〜ヘロヘロ.JPG

そこは「広厦城玉龍公園」という公園で、昔一度来たことがあります。

静かな公園をお年寄りや犬を連れた人達がのんびりと散歩です。

首にカメラをぶら下げ、大汗かいてハンカチで首筋など拭きつつ、
ハーハーゼーゼー喘いでいるおじさんを、皆さん、不思議そうに
眺めています。

暫く歩くと、下りになり、ちゃんとした歩道もあります。
しかし、道の先は断崖?と感じる怖い風景です。

11_下りにさしかかる.jpg

さらに下ると、視界が開け、そこには瀟洒の住宅群。
ここでも結構な高台でしょう。

12_さらに下るとそこは瀟洒な住宅街.JPG

小さな便利店があったので、そこで水を買って、前のベンチで
ひと休み。

隣に座っていたお婆さんの抱っこしていた幼子がじっと見つめるので、
日本語で「いない、いない、ば〜」をしたら、キャツキャツと喜んで
くれます。四ヶ月の女の子とのこと。

やっぱ言葉は要らない、身振り手振りが最高の言葉だ、と中国語の
不得手に対して自ら納得。

バス通りまで歩き、そこからバスに乗り、帰ってきました。
使ったお金は、行きのバス2元、水2元、帰りのバス1元の
合計5元(90円)の格安な半日散策でした。

そして、山の町、重慶をしっかりと体感できました。

何日かしたら、筋肉痛が襲ってくるなぁ。。
posted by ぼうらん at 23:45| Comment(2) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。