2014年07月21日

天気が良いので南山へ

今日は青空が見えているという良い天気。
ちょっと暑いけど、南山に行って街の写真を撮ろうと
思い立ち、カメラを持って車で出掛けました。

南山というのは、重慶の南に位置する小高い山々で、
中心街を一望できるスポットで「重慶の夜景」の写真は
ほぼここから撮影されていると思います。

二週間ほど前に福岡の視察団の方と一緒にここに来たとき
入場料に愕然としました。何と、30元!(500円程)
以前は5元か10元だったと思うのですが、瞬く間に値上がりです。

南山展望台チケット

前回はチケット売り場の20元を手書きで30元に書き換えて
いましたが、今回は綺麗に書き変わっていました。

公園の中に入って暫く撮影した後、あまりに暑いので暫く
時間つぶしに車の中で休憩しようと、チケットを見せて
「また来るから」と守衛に伝えた所、「ダメだ、再度購入!」と
言われてしまい、せっせと交渉しましたが、ダメでした。

入り口の注意書きを読むと、一旦出たら、また購入と最初に
書かれていました。まあ、普通、そうだよなぁと出るのを
諦めました。

展望台案内板

既に16時を回っていましたが、重慶の16時(日本時間17時)は、
日本の14時位かもしれません。お日様はほぼ真上。展望台なので
立木がポツポツとある程度。木陰で休みつつ、重慶の特徴的な
長江と嘉陵江に夾まれた解放碑のあたりをパチリパチリ。
天気はとても良いのですが、あまりの暑さで、空気ももやもやして
画像も不鮮明です。

↓解放碑正面
解放碑正面

解放碑で、割と新しいビルが4,5階分ほどの目立つ文字「WFC」と
書かれた世界金融センタービルです。地上72階、地下6階、339mで
今、西部地区で最も高いビルとのこと。

解放碑拡大

解放碑の右側には最近開通した「東水門大橋」が見えます。

長江下流側

解放碑の左側のキンキラに輝くのはシェラトンホテルです。
今日はあまりの暑さで金色が溶けそうです。

長江上流側

中途半端な時間に来たことを後悔しましたが後の祭り。
暑すぎて昼間の写真も今ひとつ、夜景までにはまだ3時間以上。

しかし、カメラを持った人達が少しずつ来ています。
展望台の一番良い場所に、三脚を立て、準備しています。
本人達は木陰で休みつつ、三脚の上のカメラは暑そう。

場所取り?

夜景の場所取りかなと思いつつ、カメラに近寄ると
20秒に1回程度自動でシャッターが切れていました。

昼間の時々刻々と変わりゆく解放碑の写真を、何と
毎分3枚ほど撮影していたのです。私はちょっと
迷いつつも三脚は持参しませんでしたが、このカメラ小僧
達の気合いには到底勝てないわなぁと、そそくさと
逃げ帰る事にしました。

あのまだ日の高い時間帯で、10名程度のカメラ小僧達が来て
いましたが、夜景の時間帯が近づくとかなりの人出になる
でしょう。

彼らの愛機は、Nikon4台、CANON3台、Sony1台、
Pentax1台と全て日本製で、ちょっと嬉しくなりました。

さて、せっかくここまで来たので、植物園の方に行ってみようと
車を山頂の方へ走らせました。暫く進むと、やたらと路上で
水着が売っています。

海は無いのに水着?

実はこの付近に「加勒比海水世界」という広大なプールや
水を使ったテーマパークがあります。そこに行く人達向け
でしょうが、男物はちっとも目立たず地味ですが、女性用は
やたらと派手で目立ちます。こういう売り場が沿線にズラリ
と並んでいる様は壮観でした。

さらに山頂に進むと、どうも途中で道を間違えたようで
そのうち下り坂になり、通った記憶がありません。
まあ、そのうち、どこから着くだろうと、一本道をひたすら
進みました。

ちょっと開けた所に「铜锣峡第一荘」という建物が
あったので、道を聞いてみようと車を止めました。

道を間違えて飛び込んだ「铜锣峡第一庄」

地図を持って、店の人に聞いたところ、三人ほど集まり、
ここでもない、あそこでもないが始まりました。
どうもこちらの人達は地図を見るのが苦手、というか
あまり見た経験が無いようです。レストランもやって
いるようなので、ラチもあきそうにないので、夕食を
食べることにしました。

テラス側に行ってみると、道からは見えなかったのですが、
そこには広大な長江が広がっていました。

長江(右は広陽島長江大橋)

そこを見ながら、地図と見比べ、店の人に聞くと、右手の
橋は「広陽島長江大橋」だと言うので、ほぼ現在地が
分かりました。

長江(向かいは渝北区)

「铜锣峡第一庄」のテラス席

テラス席は「铜锣峡第一荘」という名前からは想像しがたい
なかなか洒落た雰囲気でした。ここで、食事をしたいと
言うと、直ぐに席を作ってくれました。

長江を眺めつつ夕食

ゆったり流れる長江を眺めつつ、のんびりと夕食。
なかなかいい雰囲気です。ビールを飲めるともっといい
のですが、今日は車の運転なので我慢です。

もう直ぐ、19時。でも空はまだこんなに明るく、良い天気。

それにしても良い天気!

食事が終わり、車に乗り込もうとすると、アヒル達が
騒いでいます。敷地の外の山で飼っているようで、
この店の食材になるのでしょう。

「铜锣峡第一庄」の地アヒル

長江に沿って上流に進むと、途中は随分河幅が狭くなって
いました。工場地帯のようで、船着き場も至る所にありました。

工業地帯

ようやく帰り着き、車を駐車場に止めて、外に出ると
重慶の暑い夏の20時頃。至る所に屋台や屋外席があり、
お年寄りから子供まで、ワイワイと賑わっています。

屋台1

夜ビール

歩行街では、いつものダンス風景。いくつもの団体が
それぞれの流儀で踊っています。

元気バリバリ1

元気バリバリ2

いやはや、暑い夏でも、元気いっぱい。
この人達の元気を見ていると、私も元気が出てきます。





posted by ぼうらん at 02:24| Comment(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

変貌しつつある南濱路

今日は友人と揚子江沿岸を走る南濱路の四川料理店
(陶然居)で食事をしました。このあたりは昔から
大きな飲食店が集まる所で有名です。

重慶の有名な四川料理店

この付近には、この数年で大きな建物が続々完成し、
大きく変貌しつつあります。(というか重慶全体が
変貌しつつあります)

シェラトン

金色の派手なシェラトンホテルは、随分長い間工事を
していましたが、よくわからない間にオープンして
いました。あまりに奇抜な金色で、遠くからよく
目立ちます。

シェラトン2

このシェラトンの右にも、いつのまにか黒いツイン
タワーが完成していました。

黒いツインタワー

こんなに高層ビルが建って、需要があるのかなと
余計な心配をしてしまいます。

これらのビルの手前、道路を挟んだ向かいが
揚子江で、その向こうには、今のところ重慶で
一番の中心地と言われている「解放碑」があります。

夕方のちょっと薄暗くなった時間帯の写真です。

夕方の解放碑

揚子江に係留された大型の船上レストランは、
向かいの解放碑の夜景が綺麗な時間帯が近づくと、
多いに賑わいます。揚子江で採れた大型の川魚
料理が美味しいです。

船上レストラン

今の時期は20時頃にならないと暗くなりませんが、
暗くなってからの夜景が大変綺麗で、重慶の三大
名物の一つになっています。

解放碑の夜景

三大名物とは
1.素晴らしい夜景
2.麻辣な重慶料理
3.重慶美女
だそうです。

posted by ぼうらん at 23:59| Comment(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

そろそろ宮崎から重慶へ

ブログを随分さぼってしまいました。
そろそろ重慶に行く準備をしないといけません。

その前に残り少なくなった宮崎での宮崎らしさを満喫
する為に、仕事を休んでカミさんと西米良村という
山村に出掛けました。

九州山脈に向かって山道を進むと、一ツ瀬川の上流に
九州電力の一ツ瀬ダムがあります。九州電力が総力を
挙げて建造し、1963年に完成したダムで、一般ダムと
しては九州一、日本では十番目の発電量とのこと。

一ツ瀬ダム

ダム工事で42名の方が事故などで亡くなったそうで、
慰霊碑がありました。

一ツ瀬ダム

一ツ瀬ダム慰霊碑

そこを過ぎて、さらに山道をあがると、暫くして最初の目的
地の「おがわ作小屋村」への案内看板が見えました。
ここから更に7Km。

おがわ作小屋村入口案内

くねくね山道をゆっくり進むと、突然目の前が開け、
それまで圏外だった携帯も電波が入るようになりました。
山の中に住宅がポツンポツンと建っていて、狭い地域全体
が自然と一体となって、「おがわ作小屋村」という癒やしの
スポットになっているようです。

おがわ作小屋村

平日の為か観光客もほとんど見かけず、大自然の中に
ひっそりと佇む茅葺きの家に、何とも言えない懐かしさに
ホッとする気分にさせられました。

おがわ作小屋村

「作小屋」とは、「明治時代の版籍奉還後、集落から
離れた場所に土地を分け与えられた西米良村の住民
が、山林を開いた田畑での農作業の拠点として寝泊まり
した小屋。農繁期だけ使う場合もあれば、自宅として使う
場合もあったという。」(2013-02-13 朝日新聞朝刊
宮崎全県1地方)とのことで、この西米良村独自の
表現のようです。この上の写真の小屋が寝泊まりしていた
小屋なのでしょうか。小屋の内部は下の写真です。

おがわ作小屋村室内

作小屋村の中を流れる小川川は豊富な水量の清流でした。

おがわ作小屋村

おがわ作小屋村

140612-113548-IMG_1221.jpg

小川民族資料館には、住民の方から集めた貴重な
古文書や農具などが展示されていました。

おがわ作小屋村民俗資料館

写真下は板に絵を手書きしただけの素朴な羽子板。

おがわ作小屋村民族資料館内

コテージも数棟ありました。夏休みなど家族連れ、友人
同士で宿泊する人が多いそうです。

おがわ作小屋村コテージ

おがわ作小屋村コテージ部屋案内

暫く周りを散策して、お昼時。小川作小屋村の中でも
有名になっているお膳を食べることにしました。
写真下は作小屋風食事処。

おがわ作小屋村食事処

おがわ作小屋村食事処

店内に入ると、中央には広い囲炉裏があり、懐かしい
雰囲気です。

おがわ作小屋村食事処

天井は高く、藁葺き屋根がそのまま見えます。

おがわ作小屋村食事処天井

窓からは清流からの心地よい風。
床に寝っ転がりたい心境です。

間もなく注文した食事が届きました。

おがわ作小屋村食事処食事前

色とりどりの季節の山菜などを使った見て楽しめる
16種類の料理です。一つ一つゆったりと味を楽しみ
ながら頂きました。写真下は食後のお膳。

おがわ作小屋村食事処食事後

満腹になり、暫く付近を散歩して、次の目的地に
向かいました。

次は同じ西米良村内にある「ゆた〜と」という温泉です。
おがわ作小屋村から案内板のあった三叉路まで
引き返し、そこから更に山の方に向かいます。20分程で
到着しました。

西米良村観光案内図

「ゆた〜と」は村営と思われる大きな温泉のある保養棟
でした。「ゆた〜と」とは宮崎県の方言で、「のんびり、
ゆっくり」というような意味です。

施設に入るとまず自動販売機で入浴料(大人400円)を購入し、
タオルも持参していなかったので一枚200円で購入。
施設内にはお土産屋さん、休憩所などあり、のんびりした
雰囲気でした。

ゆた〜と施設内

平日の昼間だった為か、風呂の中には誰も居ません。
脱衣場に戻り、スマホをビニール袋に入れて再び風呂に。

ゆた〜と風呂内部

屋外には露天風呂もありました。写真下は筆者一人で
外の緑を楽しみながらのんびり浸かっているさまです。

ゆた〜と露天風呂

温泉は適度にぬめり感があり、男性の私でも何日か
通えば肌が綺麗になるのではと感じる程でした。
隣の仕切りの向こうからは女性のお年寄り達の
楽しげな会話が聞こえます。男性風呂は私だけ
でしたが、女性風呂には地元の女性達が沢山
きていたようです。

「ゆた〜と」は施設も綺麗で、温泉質もとても良い
お薦めのスポットです。

温泉から上がり、暫く休憩所でぼんやり休養してから
帰路につきました。

宮崎市内の自宅から片道1時間40分ほど一般道を
走れば、そこには桃源郷のような山里と素晴らしい温泉
がありました。宮崎は、広大な太平洋を臨む海岸と、
豊富な水と深い森のある山里がすぐ間近にある
素晴らしい故郷だと改めて感じた一日でした。

■おがわ作小屋村
住所;宮崎県児湯郡西米良村大字小川囲254
電話;0983-37-1240
URL;http://ogawa-sakugoya.com/

■ゆた〜と
住所;宮崎県児湯郡西米良村大字村所260-6
電話;0983-41-4!26
URL;http://www.yutato.com/

おがわ作小屋村の草花の写真を何枚か掲載します。

おがわ作小屋村の草花

おがわ作小屋村の草花

おがわ作小屋村の草花

おがわ作小屋村の草花

おがわ作小屋村の草花

おがわ作小屋村の草花
posted by ぼうらん at 07:51| Comment(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

黄桷坪、そこは重慶の芸術の街

私の暮らす九龍坡区の南の外れに黄桷坪という地区があり
この中心街に、昔から有名な通称「川美」の四川美術学院が
あります。現在は、大学城という大学が多数集結している
地区にも新学校ができていますが、黄桷坪の方は、老校区
として今でも有名です。

そろそろ暖かくなってきたので、この付近を散策しようと思い立ち
行ってみました。5,6年前にも、一度、行ったことがありますが
街の風景はあまり記憶に残っていません。

楊家坪大洋百貨店前から、小さなバスに乗り、終点まで。
そこから坂を下ってテクテクとあるくと、目前に巨大な二本の
煙突がモクモクと煙を上げていました。電力会社のようです。

01_電力会社の煙突.jpg

気のせいか、目がシパシパ。重慶の中心地の工場はほとんど
郊外に移転しましたが、このあたりにはまだ残っていたようです。

途中には古い家屋や、昨日のブログに掲載した鶏が歩道に
つくねんと座っていました。「何しとっと?」と鶏に話しかけましたが、
我関せずで、威風堂々としたものでした。

02_古い住居.jpg

暫く進むと、右手に「重慶501芸術基地」という少々汚い門が
見えました。

03_重慶501芸術基地.jpg

中には「307芸術設計センター」や喫茶店のような施設が
ありましたが、特に変わったことは感じませんでしたが、この中に
60名以上の芸術家が暮らしているそうです。それにしても
501や307など一体何の数字なんでしょう?

04_307芸術設計センター.jpg

05_501内部のビル.jpg

そこを過ぎると、いよいよこの街の本領発揮で、壁に絵が
描かれたビルが見え始めました。

06_見え始めたビルの絵.jpg

ビル壁の絵のみならず、意味不明なオブジェもあります。

07_オブシェ.jpg

暫くすると、左手に四川美術学院が見えてきました。
美術大学らしく、正門は深淵なオブジェで目立っています。
学校名のプレートもなかなか重厚なものです。

08_四川美術学院正門.jpg

09_四川美術学院表札.jpg

大学内部は休日の為でしょうが、学生さんは見当たらず
付近の住民が散歩したり、子供達が遊んでいたり。
とても落ち着いた雰囲気のキャンパスです。

10_四川美術学院校内1.jpg

11_四川美術学院校内2.jpg

先生か生徒の作品でしょう。楽しい彫像などが沢山ありました。
楽しめた作品をいくつか。

12_彫像1.jpg

13_彫像2.jpg

14_彫像3.jpg

暫く楽しんで、学校を後にしましたが、校内には生徒さんか
職員の方の住まいなのか、こんな素朴な住居もあり、とても
静かで落ち着ける環境でした。

15_四川美術学院校内3.jpg

門を出ると、建物に描かれた美術作品のオンパレードです。
街全体が川美とともに息づいているように感じました。

16_ビル壁画1.jpg

17_ビル壁画2.jpg

18_ビル壁画3.jpg

19_ビル壁画4.jpg

20_ビル壁画5.jpg

芸術の街なので、街には美術関連の店が軒を連ねています。

21_美術関連の店.jpg

建物の壁画だけでなく、沿道の壁にも落書きもどきのイラストで
溢れています。

22_道路沿い壁画.jpg

公園には、公園に相応しい可愛い壁画です。

23_公園の壁画.jpg

幹線道路を歩いていましたが、一本河側の道に汽車の駅が
あるようなので、古い住宅街の細い路地に入りました。路地の
壁にも子供のいたずら書き風の壁画です。そして「ART102」の
表札。またしても不思議な番号です。

24_路地の壁画.jpg

坂をかなり下って、ようやく南駅に到着。
普段はあまり使われていないのか、改札付近には乗客らしき人は
一人も見かけず。

25_南駅構内.jpg

プラットホームには出られませんでしたが、近くで線路の見える場所が
ありました。靄と人が少ない為、何となく寂しい雰囲気でした。この駅は
揚子江から陸揚げされた貨物が中心なのかもしれません。

26_線路.jpg

その線路の見える広場で、数人の男女とバイク。よく見ると郵便局の
バイクでした。女性が何度もグルグルと回っているので、バイクの練習を
しているようです。指導(?)している若者に聞くと、練習中とのこと。

思わずカメラを向けると、練習中の女性はヤンヤヤンヤと冷やかされ
めげることなく、こっちを向いてニッコリ。

27_新米郵便局員.jpg

中国の郵便局のカラーは緑です。後で少し話をしたとき、日本は赤だと
教えたら、驚いていました。私もこつちでは緑と知ったときは驚いたので、
当然と言えば当然ですが。

そこから、山側の方を見ると、知った場所にある建設中のマンション棟が
見えるではありませんか。ああ、あそこまで行って、バスに乗って帰ろうと決心。

28_見上げると知った場所のあるビルが.jpg

この決心が大変な苦労をすることになろうとは、この時は分かろうはずも
ありません。直ぐ近くに見えたのですが、かなり高い山にあったのです。
今日はここまで。ここまで歩いた距離おそよ4Kmでした。
posted by ぼうらん at 20:00| Comment(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

重慶工業文化芸術村

昨年末に重慶に戻って来た時、楊家坪歩行街に面した大洋百貨店
(私の会社もこのビルにあります)横の広場に、何やら彫像などが
建てられていました。

01_大洋百貨店前広場.jpg

休日にカメラを持って散策してみました。

歩行街を囲む環状道路とT字路交差点になっている角に
とても目立つ大きな錨がありました。

02_大きな錨1.jpg

02_大きな錨2.jpg

なんでこんな所に錨が? と不思議に思い、説明を読んでみると
アヘン戦争後、1890年3月に清国とイギリスで交わした煙台条約
(芝罘条約が正式名称らしい)により、イギリスが重慶で通商の
特権を得たとのこと。これは、清国にとっては一方的に不利な
不平等条約であったようですが、重慶にとっては開埠という
意味で、経済面では発展の契機となったそうです。

03_錨の説明文.jpg

重慶開埠以降の経済的な発展について、大洋百貨店付近から
歩行街の外に向かって、1.5Kmほどの街道沿いに、特色有る
工業文化芸術村のような施設を建立しようという計画のようです。

04_重慶工業文化芸術村紹介.jpg

後でネットで調べた所、重慶の経済発展史を、重慶開埠から始まり
沿道を四つに分けて、それぞれの発展段階の関連施設などを作るようです。


工業文化芸術村のスタートである大洋百貨店の広場には、
1890年(明治23年)〜1933年(昭和8年)の特徴的な彫像があります。

開埠前、糸を紡ぐ婦女子
05_糸を紡ぐ婦女子.jpg

開埠直後の人力車
06_人力車.jpg

07_人力車.jpg

沿道沿いにあった古い店舗などは全て撤去され、整備された塀には
歴史を追って、プレートによる説明書きが多数展示されています。
何回か通った串串香の店もどこにあったか思い出せず。

重慶工業創史記というプレートの最初に「日本選回森昌泰自来火・・」と
いう文字を見つけました。

08_重慶工業創史記.jpg

ん? 森昌泰さんという日本人が重慶の工業発展の礎に関係したのかな?と
中文力の無い頭で思いながら、更に読み進めていくと、少し詳細に書かれた
プレートがありました。。

近代工業出現
09_近代工業出現プレート.jpg

どうも、重慶の合川人の盧幹臣という人達が日本留学から帰国後に
「森昌泰自来火廠(後に森昌洋火公司)」というマッチの会社を
興し、この会社が重慶の近代工業企業の礎を開いたようです。

重慶のこのあたりには、小さな製造業が沢山あります。特にガラス工場を
多く目にします。余談ですが、ガラスは中文で「玻璃(ボーリー)」と書きますが、
赴任した当初、この看板がやたらと目に付くので、一体何だろうと不思議に
思ったものです。実は、恥ずかしながら、パッと見た漢字の印象が「薔薇」に
見えたのです。。

重慶は日本からは遠い所だと思っていたのですが、このことを知って、
少なくとも経済面では日本とも縁が深かったのだと、不思議な感傷に
浸ってしまいました。

当時の先駆者達
11_当時の先駆者達.jpg

後で調べて知ったのですが、日清戦争後の1895年4月(明治28年)に
締結された日清講和条約(中国語名は馬関条約)に、「清国は、沙市、
重慶、蘇州、杭州を日本に開放する」という条文があります。

政治的なことは別にして、この事が重慶の貿易都市としての始まり
だったそうです。(重庆发展的三段历史より)

重慶は、揚子江(長江)と嘉陵江という二つの大きな河の合流点にあり、
沿海部と内陸部の流通の要所として、古くから諸外国からも注目されて
いた事を改めて知りました。

なお、「日本選回森昌泰自来火・・」のプレートを見つけて、ホームページで
調べていた時に、「近代中国における留日学生の主要な学習対象」
(常雲平、張周:著、趙力傑: 訳)というタイトルの論文を見つけました。

これは、一昨年2012/12に重慶師範大学学術訪問団として東北大学を訪れた
常雲平先生が、同大学院で講演された元となった論文とのこと。日本への
留学生が多かった頃の歴史的背景や、なぜ留学生が多かったのかなど、
私たち日本人の耳に痛いこともありますが、非常に有益な論文です。

そういえば、重慶には東北大学に留学した人が多いと感じます。
既に60歳以上の人達で日本語堪能な先生方が多数おられます。

東北大学に留学されて、重慶理工大学の教授をされていた知り合いの
先生が、東北大震災に非常に胸を痛められ、せめて義捐金を募りたいと
相談されてきた事があります。

その先生は東北大学や宮城教育大学などで学んだ人達に募集案内
(2011/3/14)を出され、義捐金集めに奔走しておられました。

中には、給与一ヶ月分を拠出された方もいらっしゃったようです。
その先生は、その後、仙台にもお見舞いに行かれたそうです。
強烈に胸を打たれた思い出です。

話が外れましたが、重慶工業文化芸術村の散策は、まだ第一段目です。
第二段目以降、またカメラ担いで散策してみたいと思います。

まだこのあたりは古い建物も多く残っており、今、まさに取り壊しが
進んでいるところです。

10_付近の様子.jpg
posted by ぼうらん at 23:28| Comment(0) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。