2014年09月14日

「萬象城」、9/19に盛大に開業!

猫達と終日一緒にいるとよく分かりますが、とにかくよく寝ます。一日20時間くらい寝ているようです。突くとパッと目覚めるので熟睡はしていないようです。暫くすると瞼が重くなってまた閉じます。面白いので何度もやるとさすがに怒り出します。

机についてずーっとPCを叩いていると、そのうち椅子の所にやってきます。温和な母猫は、みゃ〜と啼きます。おてんばな娘猫は、ニャー!ニャー!と啼きます。知らん顔していると娘猫は机の上に乗ってきて、引っかき回し始めます。仕方が無いので、ちょっと遊んであげます。行動パターンは幼児と同じです。

-------------------------

さて、住まいの近くに「萬象城」という施設が来週金曜日(9/19)にオープンします。「城」というのは、単体の施設ではなく、複合施設が集まった所や同一マンションが建ち並んでいるような所を総称して言うようです。私の住まいも「○○世紀城」と言い、百貨店、スーパー、マンションなどが集積している所です。同じ業者が開発して命名するようです。

近くを通りかかっても、まだまだオープンできそうになかったので、昼前に散歩がてら行ってみました。う〜ん、大丈夫かいな。。という感じでした。

01_萬象城.jpg

02_まだまだ工事中.jpg

03_まだまだ工事中.jpg

回りには、坂の多い重慶ならではの職業である「棒棒(バンバン)」と呼ばれている天秤棒で物を運ぶ人達がわんさかいます。工事用材料やテナント店からの商品などの運び込みで大きな需要が生まれているようです。

04_棒棒が溢れていた.jpg

包装材料の廃棄作業なども溢れているようです。

05_梱包材などの廃棄作業.jpg

カップ麺などもゴミ箱に入らないほど溢れかえり、作業の大変さが垣間見えます。

06_カップ麺など散乱.jpg

おっと、こちらには仮眠中と思われる人達もいました。12時を少し過ぎたころなので、昼寝では無さそうです。昼夜を問わない突貫工事なのかも知れません。向こうに見えるPR用スクリーンとの対比が印象的でした。

07_仮眠?中の人達.jpg

表通りの逆の裏側に回ってみましたが、ちょっとした広場になっており、ここもまだまだ立派な工事中です。

08_反対側もまだまだ工事中.jpg

裏から横に出て、萬象城の端を表に向かって歩きましたが、そこは十分すぎるほどの工事中でした。後ろに見えるのが、モノレールの謝家湾という駅です。

09_横の方は更に工事中.jpg

未完成の建物の中に入っていく工事関係者では無い人達がいたので、私も知らん顔して入ってみました。

10_未完成ビル入り口.jpg

おお!、中はそれなりに完成していました! 照明も綺麗です。

11_内部その1.jpg

テナントのオープン準備をしている店もあれば、

12_内部その2.jpg

13_内部その3.jpg

内装屋さんが店舗制作中の所もあり、さらにはまだ内装にも入っていない店もありました。

14_内部その4.jpg

16_内部その6.jpg.jpg

17_内部その7.jpg.jpg

案内板によれば、百貨店、高級スーパー(オーレ)、UNIQLO、スタバ、日本料理店などできるようで、近所に住む者としては大変有り難いです。

18_入居大型テナント.jpg

こんなにバカでかく「9.19 盛大開業」と書いているので、今まで何度も見てきた驚愕するほど素晴らしい「突貫工事」で必ずや間に合わせると思います。工事の皆さん、睡眠不足で事故などに遭わないように。

19_盛大開業.jpg

ちなみに、萬象城に面した表通りの路上にはモノレールが走っており、便利な場所にあります。

20_表通りの路上にはモノレール.jpg

---------------

帰りに自宅近くに「珈琲・茶」と書いた中国風の店があったので、昼食がてら入ってみました。想像はしていましたが、麻雀やトランプに興じる人達向けの茶楼でした。

出るわけにもいかないので、回鍋肉のセットを注文。ほどなく服務員が新聞紙を持って現れ、テーブルに古新聞紙を敷くではないですか! そして、山のような回鍋肉が届きました。飲み物は?と聞いてきましたが、モカが何と38元(650円程)。到底ちゃんとした珈琲は期待できなかったので、注文しませんでした。それにしても新聞紙の敷かれた上での食事は初めてでした。ボロボロとこぼしそうな爺さんに見られたのかもしれません。

21_新聞紙の上でお食事.jpg

posted by ぼうらん at 17:23| Comment(2) | 街の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

夕方の動物園

昨日、スーパーで買い物をしてレジで精算していた所、後からきたおばさまが、カードは持っていないのか?と聞くので、彼女の差し出したカードを受取り、レジ係の人に渡します。レジの彼女も素早くスキャンしてくれます。カードを返すとおばさまは嬉しそうにお礼を言います。私はにっこり笑い返します。購入金額のわずかな比率でポイントが溜まるようです。逞しく生きています。

さて、猫達は四日目の朝には餌を食べてくれて、やれやれでした。しかし直ぐに娘猫が発情期に入り、夜な夜なうるさいです。こちらでは雌には避妊手術をしないのが一般的だそうです。扶養猫を増やしたくないので、ちょっとかわいそうですが、おさまるまで知らん顔してます。

土曜日、日曜日と家に籠もっていたので、少し歩こうと思い、散歩がてら動物園に行ってみました。夕方4時でしたが、こちらは8時頃まで明るいのです。

今日は夏休み最後の日。昼間は沢山の入園客がいたのでしょうが、夕方だったので、思ったほど人はいませんでしたが、入り口付近はお土産屋さんで一杯でした。

13_入り口付近はお土産屋さん.jpg

重慶動物園はとても広く、重慶独特の起伏の激しいところに多くの動物、鳥類、爬虫類などがおり、緑も豊かで散歩には最適です。

01_こんもりした園内.jpg

この動物園の一番人気はジャイアントパンダで、入り口から直ぐのところにパンダ館があります。昼間、大勢の客を相手して疲れたのでしょうか。人目のつかない隅の方で食事中のパンダがいました。

02_隅で人目を避けるように.jpg

パンダは、遠目で、目が目立たなければ愛くるしいです。
(写真↓)

03_遠目のパンダはかわいい.jpg

目の目立たない可愛いパンダ(写真↓)

04_目が目立たないとかわいい.jpg

ところが、近い所から目の目立つパンダを見ると、ちょっと怖い気もします。(写真↓)

05_目が目立つとちょい怖い.jpg

今日は今まで行ったことの無い猿園に行ってみました。(写真↓)

06_さる園.jpg

生まれたばかりのような猿が、はにかむように餌を食べていました。座り方からきっと女の子でしょう。(写真↓)

08_猿園うまれたばかり?.jpg

猿のお母さんと息子小猿、娘小猿のように見えましたが、娘小猿が仲間外れにされているように感じました。娘小猿は上の写真を撮影した後、駆け寄ってきたところです。
(写真↓)

09_猿園母猿と子供達達.jpg

見たことのない楽しい顔の猿たちが沢山いました。
(写真↓)

07_猿園.jpg

隣の鳥園にも多くの種類の鳥たちがいました。(写真↓)

10_鳥園.jpg

11_鳥園.jpg

二時間ほど散策し、入場券の裏に書かれた地図を頼りに、何とか出口にたどり着けました。

12_出口付近.jpg

この動物園は住宅街の中に作られているというのも特徴の一つです。当初はそれほど住宅は多くはなかったのでしょが、今では高層マンションが建ち並び、モノレールの駅も徒歩4,5分の所にあります。少し先に見える横に長い建物が動物園駅です。(写真↑)

動物園から出ると、目前の道路の上をモノレールが走っています。(写真↓)

14_出口付近のモノレール.jpg

家まで徒歩15分ほどですが、いつも通らない方の歩道を歩いていた所、ローソンがありました。自宅近くですが、道路反対側だったので全く気づきませんでした。(写真↓)

15_ローソン.jpg

せっかくですので、摘みにしようとおでんを買って帰りました。(写真↓)

16_ローソンのおでん.jpg

日本ではローソンでおでんを買ったことがありませんが、おそらく若干辛くしてあったのではないかと思われます。しかし、久しぶりにおでんに黒霧島のお湯割りでの夕食でした。カラシの買い置きが無いのが残念でした。

posted by ぼうらん at 23:55| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

二つのストレス

最近の二つの大きなストレスを紹介します。

1.食品用ラップ

残った野菜、果物などを容器に入れ、密閉するのにラップ(サランラップなど)を使っていると思います。もちろん重慶にもいろいろ売っており、私も近所のスーパーで平均的なラップを購入し、使っていますが、これが大きなストレスです。

・なかなか引き出せない
・力任せに引き出すと本体がピョンと飛び出してしまう
・力を入れてジワジワと引き出し、カットしようとするとなかなか切れない
・力を入れてカットすると反動で切り終わった後に一部がペタリとくっついてしまう。

イライラ・イライラし、とてもストレスが溜まります。

故郷宮崎の代表企業「旭化成」の「サランラップ」が欲しい!と思っていた頃、ある高級スーパーでそれらしきものを見つけました。「旭包鮮」という商品名です。

早々、使用してみましたが、日本のサランラップと全く同じで、スルリと引き出せて、シャッと切れます。これならストレスというより爽快感すらあります。調べてみたら2004年4月からこの名前で販売しているようです。

こちらのラップより少しだけ高いようですが、できれば高級スーパーだけでなく、普通のスーパー(カルフール、新世紀スーパー等)でも取り扱って欲しいです。まあ、そんなに度々買うものではないですが、きっと地元の人達も買ってくれると思います。

1_こっちのラップ(上)とサランラップ.jpg

2.ネット

だんだん使いづらくなっています。一番は、クリックしてもなかなか・なかなか表示されない事です。繋がらないサイトなら、URLが見つからないで終わりますが、ジッーと待たされるのは大きなストレスです。

特に日本のサイトではGoogle地図やツールを貼り付けたホームページが多く、そういうのが遅くなります。

繋ぎに行った先のURLの問題ではなく、そのホームページが何らかの形でGoogleツールを使用していた場合、制限時間を超えるまでブラウザがクルクルと回っているのです。

今の状況が一時的かどうかは別としても、Googleツール(特にMap)を使用している下記二つの目的のサイトは一度検証した方が良いと思います、時間がかかる場合はそれらのツールを使用しないようにHTMLやJavascript等を修正するのが早道と思います。台湾、香港、澳門は事情が違うかもしれません。

(1)中国で暮らす中国人に見て貰う事を想定している中国語サイト(都道府県の観光案内や物品案内等)
(2)中国で暮らす日本人に見て貰う事を想定している日本語サイト(各種情報サイト)

なお、URLにGoogleが入っているから全てダメという訳では無いようです。
Googleの会社情報サイトは少し時間がかかりますが、開きました。
posted by ぼうらん at 23:50| Comment(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

孤高の猫達

もういい加減に我慢しきれずに食べただろうと、楽しみにしながら会社を退社。途中、何と自宅マンションビル1階にコンビニがオープンしていました。

01_マンション1Fにコンビニ開店.jpg

「優客家 No.9140」と書いてあります。重慶の会社がやっているチェーン店のようです。まさか9140軒目ということはないと思い、後で調べてみましたが店舗数は不明でした。

ちょっと覗いてみると、狭い店舗ながら、飲み物、お菓子類、インスタントラーメン、化粧品、シャンプー、小物などそこそこ揃っていました。ローソンかセブンイレブンだともっといいのに、と贅沢は言えません。あると随分便利になります。

さて、帰宅してみると、あいやぁ〜、まだ食べていない。カルシウムを入れていない今まで食べていた猫餌も食べてないではありませんか! 水は飲んでいるようです。ゲージを開けながら「何だよ〜、もう2日も食べていないのに」と言っても、涼しい顔。

02_猫ケージ.jpg

子猫はさっさと飛び出しましたが、母猫は悠然たる態度。

03_出てこない.jpg

宮崎のカミさんに電話で事情を話すと、たまたま近所の動物に詳しい友人が来られていて、魚と肉を煮て、それにカルシウムの粉末を入れると食べますよ、と教えてくれました。

早々、家にあった加工肉にご飯を少々混ぜて、ぐつぐつ煮て、暫く冷まして、まずはカルシウム粉末を入れずにあげてみました。じ〜っと眺め、匂いを嗅ぎ、プイと餌から離れました。

暫くほっておこうと、とりあえず自分の食事を作って、夕食終了。猫達は食べる気配なし。特ニャーニャー騒ぐでも無し。「加工肉じゃダメなんだね。仕方無いねぇ」と近所のカルフールに肉と魚を買い出しに。

魚といっても川魚が多く、海の魚はほとんど冷凍です。何となく海の魚の方がいいかもと思い、サーモンを選択。肉は、豚肉の腿あたりと人だかりのしていたハンバーグにでも使いそうな肉を調達。

04_猫用肉と魚の買い出し.jpg

帰宅後、ぶつぶつ言いながら調理です。「だいたいお前達は贅沢だ!お父さん(猫達にはそう言っています)は、少々臭うなという物でも食べてしまう。たまに腹痛になるくらい。それに比べて、クンクン臭うだけで味見もせずに食べないというのは神経質すぎる!!」

猫達は私がいる所についてきますが、この時も台所の床でゴロゴロと寝そべっています。サーモンの皮はこんなにも剥げないのだと初めて知り、苦労しながら骨が残らないよう慎重にさばいているというのに、親の心、子不知です。

肉と魚だけですが、ぐつぐつと煮て、塩を少々いれ、味見をすると薄味ながらなかなか旨い!これなら食べるだろうと、まずはカルシウム粉末を混ぜずに食べさせてみました。今回はちょっと反応が違い、じっくり臭い倒した後、少しだけペロリと味見。それから、くるりと踵を返して餌から離れます。

「ここまできたらもう知らん!勝手に餓死すればいい!」と言い放ち、諦めました。もう、カルシウムどころではありません。我慢比べです。

それにしても、猫というのはこんなにも慎重でデリケートとは知りませんでした。ちょっと気になれば、少々お腹が空いていても決して食べません。決してがっつくことのない、孤高の猫達です。
posted by ぼうらん at 23:39| Comment(2) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

早朝の動物園、入園叶わず

昨夜から猫達の餌にカルシウム粉末を混ぜたのですが、今日の深夜になってもまだ食べません。宮崎にいるカミさんに聞けば「鰹節をまぶせば、犬や猫は食べる」とのこと。しかし、重慶に鰹節なんてあるはずもありません。まあ、どうしてもお腹が空けば食べるでしょう。明日の朝まで様子見です。

===================

仕事前に、散歩がてら早朝の動物園に行ってみようと思い立ち、6時前に家を出ました。動物園はモノレールで一駅、徒歩15分程度。

中国は広大な国土ですが、時間は一つ。内陸部にある重慶は、6時頃(日本時間7時)でも、まだまだ薄暗いです。

01_朝6時前.jpg

歩行街もまだ人気も少なく、ダンスもまだのようです。しかし、中には薄暗い中でトランプに熱中している人達もいます。ひょっとして徹夜組?

02_既にトランプに興じている人達あり.jpg

歩行街や歩道では、掃除の人達もいます。早朝からご苦労様です。この人達のお陰で、街中は比較的綺麗です。

03_6時頃から掃除、ご苦労様です.jpg

歩道では至る所に朝食屋さんが、テーブルを広げています。

04_6時開店の路上の朝食屋さん.jpg

ご夫婦とのことでした。写真を撮らせてもらいましたが、ご主人は恥ずかしそうでした。

05_ご夫婦で早朝からお疲れ様.jpg

せっかくなので、私も頂きました。お粥に漬け物は好き放題。1.5元(25円程)です。軽く食べるには丁度良い量で、味も辛くなく、美味しく頂きました。

06_1.5元のお粥は旨かった.jpg

6時30分に動物園に着くと、既にゾロゾロとお年寄りがダンスの出で立ちで入場しています。あああ、忘れていました。早朝は朝夕パスがなければ入れないのでした。

07_朝夕パスが無いと入れないよ.jpg

案の定、門にいる係員から「7時30分まで待て」との事。

普通に入場すると30元(500円ほど)、朝8時以前・夕方5時以降の入場に限る朝夕パスなら、一ヶ月で20元(350円ほど)です。これは主にお年寄り向けのサービスと思われます。私も数年前に動物園近くに住んでいたとき、二ヶ月間購入し、朝夕散歩したことがありました。

中を覗くとダンス開始を待つ人達がボチボチ集まっていました。

08_6時30分頃、動物園の中ではダンスの準備か.jpg

後1時間は待てないなぁ、仕方無い、帰るかと思いつつ、東の空を見るとようやく朝日が昇りかけています。

09_ようやく太陽が出始めた.jpg

今日はとても良い天気になりそうです。

10_良い天気になりそうだ.jpg

帰るときに、ウォールマート前の広場に寄ってみました。6:50,待ちきれなくなった人達がダンスを始めたようです。

11_7時前、朝のダンス開始.jpg

ダンスと言えば「音楽の音がうるさい!」と住民間でトラブルになり、重慶の江北という歩行街では、ワイヤレスイヤホンを付けてやっているチームがあると聞きました。無音の中で、大勢の人が真剣にダンスをしている様は、ちょっと不気味では。。

このかなり広い広場は、全面が綺麗な化粧板で敷き詰められている為か、ローラースケートでスイスイ滑っている上半身裸の人もいました。皆さん、早朝から元気です。

12_こんなお年寄りもいます.jpg


posted by ぼうらん at 23:53| Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。